Blog
ブログ

歯を失う原因を考える

2021/04/19

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯を欠損し、その後インプラントなどを含めた治療を行う方は非常に多くいらっしゃいます。

 

ただ欠損したら、何かを入れればいいという考え方を持つ患者様もいらっしゃいます。

 

インプラント治療やブリッジ含め、固定性の補綴処置を行う場合に考えるべきこととしては欠損となった部位の原因を考えることが大切となります。

 

歯周病の進行により抜歯となった場合は、口腔内に原因となる細菌がいます。

 

抜歯後も歯周病の細菌が口腔内にいる可能性があるため確実に歯周病治療を行い状態を安定させないと、インプラントを行った後や、ブリッジを行った後に再度治療した部位に炎症をきたすことがありそれにより崩壊してしまうリスクがあります。

 

また特に奥歯の失活歯において、咬合の強い方だと歯根破折してしまい歯根破折により抜歯となってしまった方。

 

インプラント治療においても、十分注意しなくては連結部の破折やスクリューの破折の原因となってしまうことがあります。

 

近年のインプラント治療の考え方として、欠損部に必ず入れなくてはいけないという考えではなくなりました。

 

必ず、欠損した原因をよく考えそれに応じた対応をしなければ、再度欠損してしまうもしくは炎症の原因となってしまう可能性が高いためです。

 

 

 

 

第2大臼歯欠損で来院された患者様。
失活歯における根尖病巣からの歯根破折にて抜歯。食いしばりも強い。

 

インプラントの埋入位置や補綴物の種類などを十分に考慮する必要があります。

 

欠損した原因をしっかりと確認し、それに応じた治療を行うことが将来的な予知性の高い治療となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net