Blog
ブログ

残根抜歯

2021/06/09

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

親知らずの歯根の形態は非常に複雑な場合があります。

 

複数存在している場合や、湾曲といって曲がっている場合、肥大といって大きく膨らんでいる状態。
癒着といって骨とくっついてしまっている状態。

 

本当に様々存在しています。

 

今回、折れてしまった親知らずを抜歯して欲しいと依頼があったケース。

 

抜歯中に歯冠のみ折れて、歯根が残根状態となり残ってしまったとのこと。

 

 

残っていますね。
歯根は2根存在し湾曲しているのがわかります。

 

手前の第二大臼歯の歯根面に沿っていることもわかります。

 

このような歯根形態を持つ歯の抜歯は、最初から分割が必須となります。

 

切開し、一部骨削合を行い分割し撤去。
レントゲンで状態をしっかり確認していたためすぐ終わりました。

 

改めて事前の診査診断が大切だと思いました。

 

しかし抜けた親知らずはなかなかの湾曲具合でした。
親知らずは本当に不思議な形態をしています。

 

抜歯を検討している方はご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net