Blog
ブログ

永久歯が出てこない

2021/06/03

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

永久歯が萌出してこない!
びっくりしますよね。

 

定期的に歯科医院でレントゲンなどを撮影していればわかることも多いのですが毎回撮影するわけにもいかないので萌出年齢になり出てこないと不安になる保護者の方も多くいらっしゃいます。

 

永久歯が出てこない理由としては

 

・先天欠如
・萌出異常
・交換期障害

 

などが挙げられます。
先天欠如の場合はそもそも欠損しているため、萌出することはありません。

 

萌出異常には様々なパターンがあり
・逆生歯
・異所性萌出

 

などがあります。

 

交換期障害においては、乳歯が早期に脱落してしまうことで永久歯が萌出しにくくなってしまっている状態などがあります。

 

また乳歯の歯の並びなどにも永久歯の萌出に影響を与えます。

 

今回、昔治療しているブリッジのやりかえを希望で来院された患者さま。

 

中学生のころに行ったブリッジで前歯がずっと萌出せずにいたために行ったとのこと。

 

 

よく見ると埋伏していますね。
これは逆生歯と呼ばれるものです。
永久歯の萌出方向が口腔内ではなく、鼻の方に向いてしまっている。

 

この状態だと口腔内に萌出してくることはありません。逆生歯の場合は抜歯をするかそのままか。

 

稀に鼻に向かってしまうことがあるため継続フォローし、向かうようであれば抜歯が望ましいと言われます。

 

ただの埋伏歯であれば矯正にて引っ張り出すという方法があります。

 

矯正で動かすにしても萌出年齢になったらすぐに始めないと、骨と歯が癒着してしまい矯正力が伝わらないことがあります。

 

当院では6歳前後で全体のレントゲン撮影を推奨しています。6歳前後であれば、永久歯の有無の確認や、状態確認ができるからです。

 

早めに気づけることでできる準備があります。
子供のうちからしっかりと管理していくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net