Blog
ブログ

神経に近接している親知らず

2021/07/07

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

下の親知らずの抜歯でポイントとなるのが下歯槽神経と呼ばれる神経との距離。

 

特に埋伏している親知らずにおいては歯根部分と距離がかなり近いこともあります。また場合によっては触れている場合もあり、術後の麻痺に対して留意する必要があります。

 

今回下の親知らず抜歯希望の患者様。

 

 

両方とも埋伏傾向にあり神経に近接していることがわかります。
神経に触れているか確認するためCT撮影を行うことにしました。

 

近そうですね。

 

 

歯根の根尖部に近づいてきているところですがまだ触れていません。

 

 

ほぼ根尖部付近。触れている可能性が限りなく高いことがわかります。

 

ただ貫通などはしていないため麻痺リスクはありますが、高度な麻痺出現リスクは低いのではないかなと考えられます。
ただ麻痺も程度があるので、なんとも言えませんが。

 

あとは抜歯を行うベネフィットを考えるべきです。
麻痺リスクはあるけど、それでも抜いた方が良いかどうか。

 

今回の場合は手前の歯に対して強く当たり虫歯リスクや歯周病リスクが高いので予防的にも抜歯した方がいいと考えられます。

 

やはり口腔内の清掃性を簡単にすることが予防的に望ましいので。

 

逆に上記の影響を与えないような埋伏している親知らずは無下に抜歯する必要はないと思います。
よく歯科医師と相談して抜歯するか考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net