Blog
ブログ

被せ物の適合の重要性

2021/05/31

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯の機能回復のための補綴物で大切なこととしては

 

・適合が良いこと
・歯や歯肉に影響を与えないこと
・機能的であること
・前歯であれば審美的に有効であること

 

などが挙げられます。
その中でも、適合が良いことというのは歯の将来的な予後にも関わりますのでとても重要なこととなってきます。

 

適合が悪いと、隙間から接着のセメントが取れ出して、脱離する原因となったり虫歯の原因になります。
また汚れも溜まりやすく歯肉の炎症原因にもなります。

 

機能的であることというのは、せっかく適合よく綺麗に装着されていても、咬合が低すぎて噛めていない、逆に高すぎて噛み合わせが悪い、うまくすり潰せないなどがあります。

 

被せ物は審美的にも機能的にも求められ、そして長期的な視点でも適合性は非常に重要視されます。

 

 

前歯の補綴処置を希望で来院された患者様。
適合不良な被せ物が装着されており歯肉は炎症。

 

一旦外して仮歯の状態で歯肉の炎症を引かせて、最終的な被せ物となりました。

 

特に前歯の被せ物で大切となってくるのは、審美性と適合性。

 

見える部分ですので特に、歯肉との調和が取れているかなど課題となってきます。

 

適合よく装着され。歯肉との立ち上がりも良好。審美的にも非常に綺麗に装着されました。

 

よく「2回で治療終了します」とか「最短の矯正治療」ということで補綴矯正の宣伝を見ることがありますが基本的には歯を失う原因となってきますので控えた方が良いと思います。

 

特に補綴物というのは、何度も変更するものでもないのでできるだけしっかりと入れたほうがいいため、歯肉の炎症をしっかりなくしそして適合が良いものを入れるべきです。

 

短期間で終わるほど理想なことはありませんが、状態が良いという前提ですのでかなり限られてきます。

 

長期的なことを考え、慎重に行っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net