Blog
ブログ

久しぶりの来院で気がつくこと

2021/05/07

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

噛むと違和感がなんとなくあるためみて欲しいと訴えて来院された患者様。

 

特に痛みもないけれども以前から物が挟まりやすい他少し噛むと変な感じがたまにあったとのこと。

 

口腔内を確認すると被せ物で治療している歯が多数存在。
歯科医院は数年ぶりの来院でした。

 

違和感部位のレントゲンを撮影してみると・・・

 

 

原因となり得る歯が何本もあります。
まずは左上の第一大臼歯。

 

 

明らかに隙間が生まれており、この隙間は虫歯によるものなのか。また根尖部に透過像を認めコアの位置がかなり深い。歯根が吸収したのか。

 

 

 

第二小臼歯も被せ物と明らかに隙間が生まれている状態。
第一小臼歯も第二大臼歯も根管治療不備により怪しい状態です。

 

第一大臼歯は保存も少し怪しいか・・・
どちらにせよ、外して治療しないことには改善とならないため治療計画としては、まず第二小臼歯及び、第一大臼歯の被せ物の除去及び根幹治療の開始がスタート。

 

落ち着いたら、第一小臼歯及び第二大臼歯の治療を行う必要があります。

 

このように、痛みがないけれどもかなりの広範囲で治療が必要なケースがあります。
久しぶりに歯科行ったら治療する場所だらけだったという話よく聞きますよね。

 

歯科及び口腔内においては、痛みがなく進行してしまう状態などが存在します。

 

特に神経をとった後がやはり管理をしっかりと継続的に行わないと気がついたら・・・

 

定期的な歯科受診は非常に口腔内及び、全身の健康にとって有益ですので行うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net