Blog
ブログ

テトラサイクリン歯

2021/04/09

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

 

 

歯の変色を訴えて来院された患者様。

 

 

前歯が少しグレーで縞模様の状態がずっと気になっていたとのことでした。
この変色は「テトラサイクリン歯」と呼ばれるもの。

 

テトラサイクリン歯とは、テトラサイクリン系の抗生剤による副作用の一つとして歯の変色を招きます。

 

大人になってから発症するものではなく、対象となる歯の形成期にテトラサイクリン系の抗生剤を服用することで歯の変色が起きやすいと言われています。

 

かつて、日本では昭和40年代に風邪薬としてテトラサイクリン系抗生物質のシロップが使われていたため非常にこの年代の方は多い傾向にあります。

 

テトラサイクリン歯にも分類があります。
今回は第3度に分類されます。

 

審美的な治療改善には3つの方法があります。
・ホワイトニング
・ラミネートベニア
・セラミッククラウン

 

ホワイトニングが歯を削らなくて良い唯一の方法ですが完全に回復するかどうかはやってみないとわかりません。
そして期間がすごくかかります。

 

今回の患者様はラミネートベニアでの修復を希望。

 

 

 

少し捻転といって元々歯の形が傾いていたためその傾きも直したいということで一緒に治療しました。

 

テトラサイクリンは紫外線が当たることで変色が強まるとも言われます。
色が徐々に濃くなることもありますので、気になる方はご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net