Blog
ブログ

治療回数

2021/04/06

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯科医院の通院ってなかなか1回で終わらないことが多いですよね。

 

口腔内の環境は複合的なものですので、その場所だけで完結することの方が実は少なかったりします。

 

もちろん虫歯単独だったり、一部欠けただけの場合などは1回で終わることもあります。

 

しかし久々の歯科医院だと自分の症状以上に治療が必要なところが見つかる場合があります。

 

 

10年ぶりぐらいに来院された患者さま。
右上が痛むことを主訴に来院。
その他は特に症状はなく、困っているところのみを治したい。

 

右上に神経に到達する虫歯の存在が確認でき、主訴部位であると断定できます。

 

そしてレントゲンをよくみていくと様々なところにトラブルが確認できます。

 

・左上の虫歯
・詰め物の下の虫歯
・歯周病の高度進行
・多量の歯石付着
・埋伏過剰歯の存在

 

このような状況で、主訴部位だけで治療を終了というわけにはいきません。

 

この状態を放置してしまうことで、虫歯の進行による疼痛の出現や、感染拡大による口腔内及び全身への影響。

 

歯周状態悪化による、歯肉腫脹や口臭、動揺して脱落リスク。

 

順を追って治療をしていくとなると複数回確実にかかります。
むしろ一回で終わらせない方が良いと思います。

 

歯周病の治療も一回で終わるということはなく、必ず治療後の評価を行い改善されているかを確認し、継続することが大切です。

 

歯科治療にかかる回数などは、おおよそですが治療計画書を通じてご説明させていただいております。
ご自身の希望ともすり合わせを行い進めていくようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net