Blog
ブログ

口が乾きやすいけどこれって病気??

2020/01/11


 
こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
  
皆さま、「ドライマウス」という言葉を聞いたことあるでしょうか。
 
最近ではよくテレビでも取り上げられ認知度が向上してきましたが、これは文字通り、口が乾燥するという症状が起こる病気の一つです。
似たような病気で「ドライアイ」というのもありますよね。
ドライアイも目が乾く病気で、ドライアイとドライマウスは併発しやすいのも特徴です。
 
さてこのドライマウスの原因は主に4つほどあげられます。
 
1・口呼吸
2・唾液腺機能の低下
3・内服薬の副作用
4・シェーグレン症候群
 
シェーグレン症候群はあまり馴染みがないかもしれませんが、自己免疫疾患の一つで唾液腺や涙腺に異常をきたすことで、乾燥状態が続いてしまう病気です。これは確定診断がつきます。
 
1の口呼吸は、想像してお分かりになる通り口で呼吸することで口腔粘膜が乾燥し唾液の分泌が減少してしまう状況です。
2の唾液腺機能の低下は、基本的な唾液腺(大唾液腺)は3つあります。顎の下にある顎下腺、耳の前にある耳下腺、舌の下に位置する舌下腺。
よく噛んで食事をしたり、マッサージをすることで唾液腺に刺激を加えることで唾液を出すことができます。
3の内服薬の副作用ですが、全身的な疾患で他の科より内服している場合、その薬によっては唾液の量を減らしてしまう副作用を持つ薬もあります。
あまりにも唾液分泌が低下して、歯周炎や虫歯、口臭の原因となる場合は、薬を変更してもらった方が良い場合もあります。
必ず、服薬状況は歯医者さんに伝えるようにしましょう。
 
ドライマウスには様々な原因があります。
 
またドライマウスになると、口腔内は荒れてしまい細菌が繁殖しやすい口腔内となってしまいます。
 
せっかく治療していても全く治らなかったり、治ってもまた虫歯になったり。どんなに良い義歯を作っても安定しないなどの不幸を招きます。
 
正しく原因を理解し、できる範囲から対策を取っていきましょう。
コジデンでも、ジェル使用したり、唾液腺のマッサージをしたりなどをしてドライマウスの対応を行なっています。皆さま気になる方は、是非ご連絡ください!
 
 
 
コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental
 
トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.com