「未分類」カテゴリーアーカイブ

歯を失う原因を考える

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯を欠損し、その後インプラントなどを含めた治療を行う方は非常に多くいらっしゃいます。

 

ただ欠損したら、何かを入れればいいという考え方を持つ患者様もいらっしゃいます。

 

インプラント治療やブリッジ含め、固定性の補綴処置を行う場合に考えるべきこととしては欠損となった部位の原因を考えることが大切となります。

 

歯周病の進行により抜歯となった場合は、口腔内に原因となる細菌がいます。

 

抜歯後も歯周病の細菌が口腔内にいる可能性があるため確実に歯周病治療を行い状態を安定させないと、インプラントを行った後や、ブリッジを行った後に再度治療した部位に炎症をきたすことがありそれにより崩壊してしまうリスクがあります。

 

また特に奥歯の失活歯において、咬合の強い方だと歯根破折してしまい歯根破折により抜歯となってしまった方。

 

インプラント治療においても、十分注意しなくては連結部の破折やスクリューの破折の原因となってしまうことがあります。

 

近年のインプラント治療の考え方として、欠損部に必ず入れなくてはいけないという考えではなくなりました。

 

必ず、欠損した原因をよく考えそれに応じた対応をしなければ、再度欠損してしまうもしくは炎症の原因となってしまう可能性が高いためです。

 

 

 

 

第2大臼歯欠損で来院された患者様。
失活歯における根尖病巣からの歯根破折にて抜歯。食いしばりも強い。

 

インプラントの埋入位置や補綴物の種類などを十分に考慮する必要があります。

 

欠損した原因をしっかりと確認し、それに応じた治療を行うことが将来的な予知性の高い治療となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

歯科治療を難しくする要因

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯科治療を行う上で、治療を非常に複雑にしてしまう原因が歯の「挺出」と「傾斜」です。

 

 

 

 

左下の残根部の治療及び補綴治療を希望されて来院されました。
課題は非常に多く存在しますが、今回は左側だけにフォーカスを当てます。

 

まず確認できるように保存が不可能な残根が2本存在します。

 

そしてその残根に対して、噛み合うはずの上の歯が挺出と言って、大きく飛び出てきているのがわかります。

 

 

 

 

本来はこのラインにいるはずが下が残根になったため大きく挺出してしまったのです。

 

また左上の小臼歯が1本欠損したせい大臼歯が手前に傾斜してしまっているのがわかります。

 

このような場合の治療が非常に難しくなります。
まず残根は抜歯する必要があります。
そして、挺出した歯をどうするかですよね。

 

このままの状態だと、左下だけとても低い状態になるかスペースが少なくて全く入らないか。
期間をしっかりかけて治療するのであれば、矯正治療です。

 

残根及び、親知らずを抜歯したのち、全顎的に矯正治療を行い傾斜や提出の改善を行う必要があります。

 

正しい位置に歯が戻った段階でインプラント含めた補綴処置を行っていく必要があります。

 

今回の場合は、左側は第2大臼歯の挺出の改善と、第一大臼歯の傾斜の改善を行い、欠損している第2小臼歯とか下顎第一大臼歯、第二大臼歯の補綴処置を行っていく必要があります。

 

もし矯正治療を行わずに治療を希望されれば、挺出した歯を部分的に削合し、下に義歯などをいれる必要があります。

 

下顎の親知らずはどちらにせよ抜歯した方がいいと思われます。

 

歯を欠損し、食事に影響がそこまでないからと放置していると、最終的なリカバリーに大きな費用や期間ができる可能性があります。

 

簡単に放置せず、歯科医院で相談を受けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

歯科と副鼻腔炎

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

当院は隣にほんまファミリークリニックさんがいるので耳鼻科から歯科に来たり、歯科から耳鼻科に行ったりなどの連携を行っています。

 

口腔と耳鼻科領域は近接しており口腔内疾患が耳鼻科領域に侵食することもあれば、その逆もあります。

 

特に耳鼻科と歯科で共通の問題となるのが、「上顎洞炎」について。
上顎洞炎を話す前に、副鼻腔炎について少し解説します。

 

副鼻腔は鼻腔に近接した骨内に作られた空洞で、前頭洞・篩骨洞・上顎洞・蝶形骨洞から構成されます。

 

そして副鼻腔炎とはこれらの副鼻腔に炎症が起こる疾患であり、ウイルスや細菌感染が原因で炎症が生じます。

 

炎症が長引くことで、副鼻腔の粘膜が腫脹してきて鼻腔との通路を塞いでしまい、いわゆる「蓄膿症」と呼ばれる慢性副鼻腔炎になることがあります。

 

そして口腔に最も近接している副鼻腔が「上顎洞」になります。

 

口腔内疾患が原因で、この近接する上顎洞内に炎症が入り込むことで、上顎洞炎を発症することがあります。

 

口腔内が原因なのか、その他副鼻腔が原因で起きているのかは歯科と耳鼻科両方で診査診断する必要があります。

 

鼻が詰まりやすかったり、頭を振った時に違和感を感じたり頬を押すと痛みがある場合は、まず耳鼻科で確認してもらうと良いと思います。

 

耳鼻科の処置で治癒しない場合に、口腔内疾患が原因かどうかを精査します。

 

もちろん、口腔内に虫歯や歯周病、腫脹や疼痛があるのであれば歯科を優先させる必要があると思いますが。

 

 

副鼻腔で気になる方が、耳鼻科との連携を行っていますのでご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

進行が早い根尖病巣

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯科治療の中でも回数と期間がかかる治療の一つに「根管治療」があります。
根管治療が必要となるケースにおいては

 

・虫歯が神経まで到達している
・過去に神経の治療をしている部位の感染

 

上記が挙げられます。

 

感染根管となり、根尖病巣となった場合は骨を溶かしながら進行するため回復するのにどうしても
時間がかかります。

 

今回右下の腫脹を訴えて来院された患者様。
レントゲンの状態

 

 

このように、下顎側切歯に大きく根尖病巣が出現しています。
またここを主原因として、隣の犬歯まで進行しているのがわかります。

 

犬歯に神経が生きているのかをチェックしてみると反応がない状態。
根尖病巣が大きくなり隣に侵食してしまったことがわかります。

 

根管治療を開始すると大量の膿が出てきました。
もう少し早めに発見できていれば、犬歯は大丈夫だったかもしれません。

 

症状がなかなか出現しないのが根尖病巣の特徴です。
気がつくとかなり進行していることもあります。

 

少しでも違和感があるようなら早めに歯科でチェックすることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

インプラントの長さ

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

複数のインプラントを埋入するオペにおいて、異なる長さのインプラントを埋入することがあります。

 

現代のインプラントの考え方において、インプラントのフィクスチャーの長さに依存することはないと言われています。

 

依存というのは、インプラントの長期的な予後や安定性にフィクスチャーの長さは相関してこないということです。

 

10年前は「できるだけ長いインプラントが良い」と言われていましたが、インプラントのフィクスチャーの性質の向上や、M.Iの観点からショートインプラントと呼ばれるフィクスチャーの出現並びに、インプラントの長さは長期的な予後と相関しないというのがスタンダードとなりました。

 

では何が最も、インプラントの予後に影響を与えるのでしょうか。

 

最もというと非常に難しいのですが、埋入する角度や場所が適切であるかどうか、というのが大切となります。

 

埋入する角度や場所がズレていると、噛み合わせを正常にするために角度を変えた補綴物の制作が必要となります。

 

角度を変えた補綴物を制作し、見た目は綺麗に入っていても力の受け止め方が悪く長期的に悪化を招いたり、清掃不良となりインプラント周囲炎の原因となったりしてしまいます。

 

できるだけ、噛み合う歯の対角にフィクスチャーがくることが望ましいとされています。

 

またインプラントの長さではなく径が大切という考えもあります。

 

例えば奥歯の臼歯部に非常に径が細いインプラントを入れてしまうと、それに対し被せ物は臼歯部のサイズ。
力の負担に耐えれず、破折などのリスクが出てきます。

 

できるだけ埋入する部位に適した径を選択することも予後には重要となります。

 

 

 

 

今回のこのケース。
第2大臼歯に相当する部分は8mmのインプラントを使用しています。手前は10mm。

 

奥に長いインプラントを設計すると開口量も狭いため傾斜埋入となってしまうことがあります。
確実に正確に行うためにもサージカルガイドを用いて行うことは大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

神経に近い親知らず

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

親知らず抜歯に伴い、CT撮影を必ず行いますか?との質問を受けましたので今回はその説明をします。

 

基本的に親知らず抜歯希望で来院された患者様に対していきなりCT撮影を行うことはありません。

 

まず口腔内を確認し、親知らずが萌出しているかどうかの診査を行い、その後一般的な2次元のレントゲン(パノラマエックス線写真)の撮影を行い歯根の形態などの確認や埋伏具合を把握します。

 

そしてその段階で神経まで近いもしくは、接しているリスクが高いと判断した場合のみCT撮影を行っています。

 

今回親知らず抜歯希望で来院された患者様。

 

まずは口腔内診査で一部のみ歯冠萌出を認めるも、ほぼ埋伏状態のため一般的なレントゲン撮影を行いました。

 

 

 

すると顕著に神経に近接し埋伏している状態が確認できました。

 

パノラマ写真では、神経が圧迫し変形しているような所見はありませんでしたが接している可能性が高いためCTにて具体的な距離感を把握することとしました。

 

 

 

このように根の先端の部で神経に一部接している所見。
完全には重なっていませんが、触れているのがわかります。

 

CT撮影を行ったからといって抜歯後の麻痺のリスクが回避できるわけではありません。
神経に触れている状態の根であれば、抜歯すれば麻痺が出る可能性は高いのは当然です。

 

しかし事前にCTにて状態を把握することで、術後に麻痺が起こる可能性を知ることで事前の準備ができます。
準備というのは、

 

・麻痺が起きる可能性を知ること
・麻痺が起きた場合の対応
・そもそも麻痺リスクがある中で抜歯するかどうかの確認

 

最後が結構大事で、抜歯のベネフィットが麻痺を上回るのであれば抜歯すべきであり、そうでないのなら抜歯はまだ期間を遅らせるなどの対応が望ましいと思います。

 

そのためにも2次元レントゲンで神経に近いなと感じたものに関してはCT撮影が有益となります。

 

神経に近い親知らずで悩んでいる方は一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

どこまで治療を行うか

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

治療介入をどこまで行うか考えさせられることがあります。

 

今は症状がなくても、保存が現段階では厳しい歯がある時やその歯を抜歯してしまうと義歯にしなくてはいけなくなってしまう状態など。

 

非常に判断が難しい状況というのがあります。
今回のケース。

 

義歯が少し違和感があるためなんとかできないかの相談で来院された患者様。

 

 

 

レントゲン写真。
主訴部位は右上の欠損部位でありますが、手前の連結している銀歯は連結している第2小臼歯は連結しているからなんとか持っているものの、連結解除すると動揺してしまい脱落するリスクがあります。

 

左上の連結部位も同じく、第一大臼歯が保存困難な状態で奥と連結されています。

 

そして、左下のブリッジ。保険では不可能な設計ですがおそらく、奥に義歯がくるのが嫌だったためこのような設計になったのではないのでしょうか。

 

力の負担が大きく第二小臼歯が破折しているような所見もあります。

 

また右下のブリッジ。こちらも一番奥の支台となっている部位が挺出傾向にあり、歯周病が進行している所見です。

 

どこも症状はありません。
しかし治療を介入すると一時的ですが数ヶ月不安定になる可能性もあります。

 

このまま放置してしまうことで悪化も避けられません。

 

全身的な疾患の兼ね合いもあるため、現時点で受けられる治療が将来受けれなくなる可能性もあります。

 

非常に治療計画としては難しい。
理想の治療計画を立案し、後の判断を本人に委ねるという形になってくると思います。

 

このまま継続的に管理し徐々に悪くなってきて症状が出現してきた段階で治療開始するか、早期に始めるか。

 

症状が出てくるのがいつなのかがわかれば逆算して治療できますが、わからないので難しいですよね。

 

例えば5年後に症状が出現し厳しいとなった場合、全身的な疾患の有無がなく健康で骨の状態も良好であればインプラント含めた治療計画を立案することができますが、もしその時に全身的に厳しいという段階になっていた場合どうするか。

 

義歯が嫌ということだけれども義歯しかなくなってしまうかもしれない。

 

そこで義歯を装着できなかった場合、栄養障害などのリスクが出る可能性が高くなってしまう。

 

どこかの段階でしっかりと治療を早期に受けた方がいいのかなと思います。
あとは本人次第となります。

 

しかし出来るだけ早めの検診や歯科受診で気付けることというのは多くあります。

 

期間が空いている方は出来るだけ早めに歯科医院に受診するといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

味覚をつかさどる神経

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

食べ物を楽しく食べるために大切な要素として味覚があります。

 

味覚を感じられないと、食べることも飲み込むことも不快に感じるほか、危険察知能力も落ちるため生命にとっても危険であると言われています。

 

味覚を司る神経は大きく3つ存在します。
その前に味覚を得ることができる口腔内の場所はご存知でしょうか。

 

その多くは舌。
そして舌だけではなく、軟口蓋と呼ばれる上顎の奥や咽頭と呼ばれる喉の上部などにも味覚を得ることができるとされています。

 

味覚を得る部位により司る神経支配も異なりますが、

 

・下の前2/3は顔面神経(鼓索神経)
・下の後ろ1/3は舌咽神経
・軟口蓋は大錐体神経
・咽頭部は迷走神経

 

 

 

上記となります。
これらの神経を障害してしまう要因として、脳梗塞、帯状疱疹、外傷、手術など様々な合併により出現します。

 

味覚の異常は大きく2つに分けることができます。

 

・味覚低下
・異味覚

 

味覚低下はその名の通り、味覚の減退です。甘味、酸味、苦味、 塩味などの4基本味覚全てが低下します。

 

異味覚は、異常な味がすること。常に苦味を感じてしまっていたりすることです。

 

味覚障害の原因としては、上記の全身的疾患による合併症が最も大きいのですが、それ以外にも

 

・加齢による影響
・唾液分泌の低下(ドライマウス、シェーグレン症候群)
・カンジダ症
・医原性の味覚低下(がん治療など)
・亜鉛不足(栄養障害)
・歯周病
・突発性、心因性

 

上記のように様々存在します。
味覚障害かも?と思ったら全身的な状態に異常がないか確認した上で、一度歯科に相談してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

テトラサイクリン歯

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

 

 

歯の変色を訴えて来院された患者様。

 

 

前歯が少しグレーで縞模様の状態がずっと気になっていたとのことでした。
この変色は「テトラサイクリン歯」と呼ばれるもの。

 

テトラサイクリン歯とは、テトラサイクリン系の抗生剤による副作用の一つとして歯の変色を招きます。

 

大人になってから発症するものではなく、対象となる歯の形成期にテトラサイクリン系の抗生剤を服用することで歯の変色が起きやすいと言われています。

 

かつて、日本では昭和40年代に風邪薬としてテトラサイクリン系抗生物質のシロップが使われていたため非常にこの年代の方は多い傾向にあります。

 

テトラサイクリン歯にも分類があります。
今回は第3度に分類されます。

 

審美的な治療改善には3つの方法があります。
・ホワイトニング
・ラミネートベニア
・セラミッククラウン

 

ホワイトニングが歯を削らなくて良い唯一の方法ですが完全に回復するかどうかはやってみないとわかりません。
そして期間がすごくかかります。

 

今回の患者様はラミネートベニアでの修復を希望。

 

 

 

少し捻転といって元々歯の形が傾いていたためその傾きも直したいということで一緒に治療しました。

 

テトラサイクリンは紫外線が当たることで変色が強まるとも言われます。
色が徐々に濃くなることもありますので、気になる方はご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

義歯からインプラントブリッジへ

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

義歯に違和感を感じ、インプラントにされる方は一定層いらっしゃいます。

 

義歯の場合、歯肉などの粘膜面に床と呼ばれる義歯の粘膜部分がくるためどうしても大きくなりがちです。

 

義歯は歯が存在する有床義歯の場合は、歯牙支持と粘膜支持の2つの要素で構成されます。

 

歯牙に支持をかけすぎると負担になり、歯牙の動揺などの原因になるためバランスよく粘膜支持を入れる必要がありますが、粘膜支持を多くすると、義歯が大きくなり違和感が増す傾向にあります。

 

全て欠損している場合は、粘膜支持のみですので最大限義歯を安定させるために広げなければいけません。

 

義歯の粘膜で安定させる要素としても、ただ大きくすれば良いというものではなく様々な要素を考慮し設計します。

 

大学などで教わった方法では大きくなりますが、現代の義歯治療においては最小限の設計が最も安定と吸着には大切とされています。

 

しかしそれでも、粘膜面に床が入ってきます。
それがどうしても違和感が取れないという方は、インプラントという選択肢となってきます。

 

今回も義歯を使用しているがどうしても慣れないためインプラントを希望。

 

義歯は最小限に小さくしており、安定しないため義歯安定剤(ポリグリップ)を使用している状態。

 

 

白い歯が並んでいる部分にインプラントブリッジが入ってくる予定の設計です。

 

奥歯は上顎洞が近接しており、サイナスリフト含めた外科処置が必要となりますがそこまで希望されず。

 

噛み合う下の歯も第一大臼歯で終了しているため延長ポンティックと設計しています。

 

個人的には、インプラントを行う前に今回のように一旦義歯を作成してみるといいと思います。

 

その方がよりインプラントにしてよかったと感じやすいほか、義歯が思った以上に慣れてフィットする方もいらっしゃいます。

 

管理としてはインプラントより義歯の方が圧倒的に楽ですので。

 

複数の欠損になった場合は、いきなりインプラントではなくまず義歯にトライしてみてダメならインプラントという流れがいいと思います。噛み合わせも安定しやすいですしね。

 

義歯で悩んでいる方、ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net