「未分類」カテゴリーアーカイブ

放置により口腔内は悪化する

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

最近は悪くなる前にしっかり予防していこうということで歯科においてもメンテナンスをする方が増えてきましたが、一方でまだ歯科医院は痛くなったら行くところという認識をもたれている方も多くいます。

 

久しぶりに歯科医院に来院された患者様。
噛むのに力が入らなくなってきたためみてほしい。

 

 

 

歯周病の進行により動揺している歯が多く存在し、欠損している部位にも歯が傾斜してしまったりなど多くのトラブルを抱えています。
なぜここまで放置してしまったのか・・・・

 

歯科医院に行くのが面倒だった、痛みもなく食事も取れていたし緊急性が低かったとのこと。

 

しかし時すでに遅い部位も多数存在。
抜歯しなくてはいけない部位も多数あるため、抜歯後インプラントか義歯かの選択をする必要が出てきます。

 

この状態になる少し前だったら。
少し前と言っても結構前になるかもしれませんが、歯が抜けてしまったり欠けてしまったり、ほんの少しのことでもいいので状態が変わったということであれば歯科医院に来院した方がやはりいいですね。

 

口腔内は自然に治るということがほとんどありません。
何かしらの原因がありそれに対してきちんとしたアプローチをしない限り、痛が消えることがあっても完治することはありません。

 

些細なことでも気になったら歯科医院でチェックすると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

虫歯は中で進行する

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯の中で虫歯が進行していると言われたことありませんか?

 

痛みもなく、パッとみた感じ歯に穴が空いていることもないのだけど虫歯を指摘された。。

 

 

 

この写真を見てどこに虫歯があるかわかりますか?

 

 

この範囲で実は虫歯が進行しています。
かなり大きく進行しており神経に近接している状態。

 

症状としてはたまにしみる症状がある程度。

 

歯の表面はエナメル質といって非常に硬い組織で覆われています。
その硬さはダイヤモンドぐらい硬いと言われており、硬さを計る単位のモース硬度でダイヤモンドが10、エナメル質が7という硬さです。

 

そして歯はエナメル質の下に象牙質と呼ばれる知覚神経が入り込んだ組織が内側に存在します。
この硬さがモース硬度で5.5ぐらい。

 

かなり硬さが変わってきます。
象牙質の方が柔らかいのです。

 

そのため、エナメル質の一部分が欠けたり虫歯で穴が開いたりすることで象牙質に細菌が入ってしまうと、象牙質の方から進行してしまうのが虫歯の進行の特徴になります。

 

今回も歯の間より小さい穴ができてそこから象牙質で虫歯が広がってしまった状態です。

 

象牙質は柔らかいため虫歯の進行も速く、神経まで到達してしまうこともあります。

 

レントゲンで気がつくことも多いため定期的に歯科医院でチェックすることや、少し違和感があれば歯科医院でチェックしてもらうことが良いと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

マウスピース矯正 クリアコレクト

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

当院で採用しているマウスピース矯正「クリアコレクト」

 

徐々にクリアコレクトにて矯正する人が増えてきました。
マウスピース矯正と通常矯正の違いは、ワイヤーを使用するか使用しないかが簡単にいうとあります。

 

厳密にはマウスピース矯正でもどうしても動かない場合は、ワイヤーを使用せざるを得ない場合がありますが基本的にはマウスピースのみで完結できるようにします。

 

マウスピース矯正で大事なこと

 

・診査診断、適応範囲かチェック
・マウスピースの装着時間の確保
・マウスピースの管理

 

上記がとても大切となります。
取り外しもでき、メリットが大きいマウスピース矯正ですがまず一番適応されるかどうかの判断が大事となります。

 

適応範囲外のケースにおいてマウスピース矯正を行っても

 

・時間がかかる
・後戻りがひどい
・治らない

 

このような状態になってしまいます。
以前マウスピース矯正を行い、うまくいかずに当院にて本格矯正にて切り替えた方がいらっしゃいました。

 

そのような場合、金額もダブルでかかってきてしまうこと、期間もかなりの長期間に渡ってしまうため患者さんの負担が大きくなってしまいます。
何よりも診査診断が大切だと言えます。

 

 

 

 

事前診査での治療計画。
3Dで多面的に矯正医とチェックして進めています。
気になる方はご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

抜歯即時インプラント

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

前歯の動揺が強くなり抜歯しなくてはいけなくなってしまった患者さま。

 

元々ブリッジが装着されており、その土台となっている歯がもたない状況となりました。

 

抜歯後の選択肢としては義歯かブリッジ。
4本連続欠損となるためブリッジは不可能な状態でした。

 

説明の上、インプラントを希望。
抜歯後のインプラントは方法として、

 

①抜歯して2ヶ月から6ヶ月経過したのち埋入する
②抜歯後骨造成を行い6ヶ月後にインプラントを埋入する
③抜歯と同時にインプラントを埋入する

 

今回は、4本欠損に対して2本埋入予定であり抜歯する歯においても挺出してきているため根尖付近の骨が完成しているため③の抜歯即時埋入を選択しました。

 

 

術前の状態。

 

術後の状態。
骨植よく埋入することができました。
今回は2回法を選択。

 

元々歯周病の進行もあり抜歯に至っているため歯周病リスクが落ち着くまでは完全にスリープさせようという形でその期間は義歯を使用してもらう形にしました。

 

奥歯もまだ不安定でしたので1回法は少しリスクが高い状態でした。

 

1回法の方がすぐ補綴物に移行できるため負担が低く感じますが、感染リスクが上がるため口腔内の状態をしっかりと考慮した上で処置を行う必要があります。

 

治療期間にも関わることですのでしっかりと歯科医師と相談して進めていくようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

義歯の設計を小さくしたい

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

欠損後義歯を選択した場合に初めて使用する方で課題となるのが義歯の大きさ。
総義歯をのぞく部分義歯においては、義歯を安定させるための要素として

 

・歯牙支持
・粘膜支持

 

この2つの支持が大切となります。
歯牙支持のみだと、外れやすくなるほか歯牙に負担がかかってしまいます。

 

一方、粘膜支持を大きくすると義歯のサイズが大きくなってしまうため違和感が増します。

 

バランスが大切なのですが、粘膜支持は出来るだけ避け義歯を大きくしたくない患者さんサイドと歯牙支持を出来るだけ減らして残存する歯を長期的に残したい歯科医師サイドのギャップは非常に大きいといつも感じます。

 

こんなに小さくしたら外れるし、歯に負担かかってしまうになーと言った感じで。

 

しかし口腔内に装着し実際に使用するのは患者さんですので使用できるように調整しなくてはいけませんが。

 

今回、臼歯部欠損に対して義歯を作成したいと来院された患者様。

 

昔の義歯は大きくて使用できなかった。
なんとか小さく目立たないものにしたいと訴えて来院されました。

 

欠損した手前の補綴物も新製する必要があったため、新製に伴いアタッチメントをつけて小さくする選択肢があることを説明。

 

ただ歯牙の補綴物にアタッチメントをつけるので、着脱での残存歯に対する負担は大きくなってしまいますが。。

 

 

3本連結の補綴物+義歯が入る側に伸ばすようにバータイプのアタッチメントを作成

 

義歯側にもアタッチメントが入り込む装置が組み込まれており装着すると外れない安定感。

 

 

義歯の設計も小さく満足されていました。
ただこのような設計での課題は

 

・残存する歯への影響
・連結またアタッチメントへのブラッシング不良による歯周病の進行

 

着脱のたび負担が残存している歯にかかることと併せて、負担を分散させるため連結したため清掃をしっかりと行わないと歯周病となってしまいます。

 

患者さんは全てを了承して今回の設計での完成としました。

 

今後しっかりと歯科衛生士さん含め管理が必須となっていきます。

 

義歯を小さくするということは安定が悪くなるため、残存する歯に大きな負担がかかります。

 

インプラントオーバーデンチャーなどを含めた治療が最も適していたりすることもありますので、ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

中間欠損どう考えるか

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯の欠損の仕方にもいくつかタイプがあります。

 

・中間欠損
・遊離端欠損
・複数欠損
・無歯顎

 

中間欠損の治療として、主に使用されるのはブリッジかインプラント。

 

どちらがいいのかはその場面にもよるのでなんとも言えませんが、保険治療ではブリッジ一択となります。

 

しかしブリッジの欠点としては両隣の歯を削る必要があること。
そして繋げる必要があること。

 

歯は一度削ったら元に戻ることはありませんので一方通行。

 

次に何かあればまた削らなくてはいけなく。
削ることが悪なのではないのですが、状態が良い歯を削るというのは結構辛い。

 

そこで有効的なのがインプラント治療。

 

 

今回埋入したケース。
まさに1本のみ欠損している状態であり中間欠損。
両隣の歯は過去に少しだけ治療しているのがわかりますが、虫歯にも罹患しておらず状態は良い。
あまり削りたくないですね。

 

このようにインプラントを埋入すれば両隣は治療せずに被せ物に移行することができます。

 

インプラント治療は特に中間欠損において本領を発揮するのかなと思っています。
既存の自分の歯をしっかりと守るため。
インプラント治療も予防の観点が大事となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

虫歯じゃないのに痛む咬合性外傷とは

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

先日、3ヶ月ごとに歯医者さんに通院しているのだけど最近歯が痛むようになってしまったけど虫歯なのか?という相談を受けました。

 

当院に通院している患者さんではないのですが、急に虫歯ってできるものなのかーと不思議に思ったそうで。

 

実際診察していないので予測でしか話せませんが、おそらく「咬合性外傷」

 

咬合性外傷とは・・・

 

・噛んだ時の歯の痛み
・歯の磨耗
・歯が折れる
・知覚過敏
・詰め物、被せ物が外れる
・歯周病の進行など

 

その名の通り、噛み合わせによる損傷です。
特に奥歯などは体重の2倍以上の力が加わると言われており、慢性的にあるいは突発的に力が加わることで歯や、歯を支えている組織が損傷することで発症します。

 

・片側での食事を行う癖
・硬い物をずっと噛み続けていた
・食いしばり歯ぎしりにより歯がすり減ってきた

 

など様々な要因により発症します。
状態をしっかりと精査したのち原因を調べ、治療に入ります。

 

しかし特に問題がない場合も多く、いたずらに噛み合わせを調整するなどの処置はせずに安静指導のみで経過観察で症状が引く場合もあります。

 

状態をしっかりと精査してからの判断となりますので痛みがある方は一度歯科医院でチェックしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

マウスピース矯正とワイヤー矯正どっちがいいの?

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

患者さんからよくマウスピース矯正とワイヤー矯正どっちがいいの?という質問を受けることがあります。

 

一概にどっちがいいとは言えず、その時々によるというのが正解になってきます。

 

マウスピース矯正は矯正治療の最大の欠点であった、「審美性」を劇的に改善しています。

 

ワイヤー矯正の場合は、ブラケットと呼ばれるポッチを歯に装着しそこにワイヤーを通す方法であるため見た目でいかにも「矯正している」というのがわかりました。

 

また口腔内が荒れやすかったり、虫歯などの原因にもなりました。

 

しかしマウスピース矯正は透明なマウスピースを装着するのでほとんどわかりません。

 

そのため比較的審美的な要求が高い方に向いていると言えます。

 

しかし最も大切なポイントとしては「マウスピース矯正でその歯並び、噛み合わせは治る?」という本質的な問題です。

 

ワイヤー矯正の場合は、ほぼ全ての症例において対応が可能ですがマウスピース矯正は最初の診査診断を誤ってしまうと全く治らないという事態に起こる、もしくは最終的に結局ワイヤーを使わなくてはいけないという状況になることがあります。

 

またマウスピース矯正は取り外しが可能です。
これは利点としては外してよくブラッシングができるため歯周病、虫歯リスクが少ないことが挙げられますがマイナス点としてはしっかりと装着時間を守らないと治療が完了しないということになります。

 

毎日平均しても20時間以上は装着していなければならないため、治療結果が患者さん次第とも言えます。

 

ワイヤー矯正の場合は基本的に取り外しができないため、患者さんサイドは特に心配要りませんね。

 

結論としては、まずどちらが治療効果として確実なのかを矯正医に相談するのが一番になります。

 

その中で、マウスピース矯正、ワイヤー矯正どちらも選択できるのであれば、予算や自身の日常生活を考えて選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

帯状疱疹と歯科

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

先日患者さんより帯状疱疹についてご質問がありましたので簡単に解説します。

 

その方は帯状疱疹ではなかったのですが、帯状疱疹は様々な場所にできます。

 

最も多いのが肋間神経沿いと呼ばれる上肢から胸背のあたりにできます。私も大学生の時にできました。

 

次にお腹から背中、頭部から顔面、臀部から下肢、頸部から上肢と好発します。

 

基本的には身体の左右どちらか一方の神経に沿って帯状に現れるのが特徴。

 

帯状疱疹は帯状疱疹として人に感染することはなく、帯状疱疹から水疱瘡にかかったことがない乳幼児などに水疱瘡として感染する場合があります。

 

そして歯科で関係してくるのが、顔面神経領域や三叉神経領域に発症するものであり口内炎をきっかけに気がつくことが多いです。

 

口腔内において片側だけ痛みを伴う水泡が複数存在していたり、特に耳が痛い状態だと顔面神経領域に感染している可能性があり顔面神経麻痺の可能性が出ることから重篤化しやすいとも言われています。

 

 

帯状疱疹に罹患すると軽度に熱発し、体調不良になりやすいのが特徴。

 

その後水泡がワーっと出現するのでわかりやすいが口腔内だとただの口内炎?と思ってしまいステロイド軟膏で済ませようとすると感染が拡大する可能性がある。

 

帯状疱疹などの感染症にはステロイドは禁忌とされている。

 

帯状疱疹の特徴は水泡が片側だけ複数突然出現してくる。神経に沿ってできるのが特徴なので片側だけ。

 

体調不良に伴う口内炎など、急に複数できたらしっかりチェックしてみましょう。

 

また分からず不安な場合は、歯科医院に相談にいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

歯の移動

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯が欠損しそのままの状態に置いておくことで様々な悪影響が出てきます。

 

歯を欠損しそのままにしておくことで起こる症状として

 

・挺出
・歯の傾斜
・歯周病の進行
・早期接触

 

など上記のことが起こる可能性があります。
挺出とは、歯が飛び出てくることを指します。

 

噛み合う歯がなくなることで、今まで噛んでいた歯はどこで咬合したら良いか分からなくなり飛び出してくることがあります。

 

歯の傾斜は、欠損側に隣接している歯が倒れることがあります。
歯は隣の歯に沿って萌出しているため、隣の歯がなくなると倒れてくることがあります。

 

歯周病の進行は上記記載したように、歯の傾斜が起こることで並行して歯周病も進行することがあります。

 

早期接触とは、歯が欠損し上記の項目が複合的に起こることで咬合が不安定になることがあります。

 

歯の挺出が起こることで本来はあたらなかった咬合部位に接するようになったり傾斜することで咬合が不安定になることがあります。

 

 

欠損部位の補綴希望にて来院された患者様。
長年欠けてしまった部位や抜けた部位をそのまま放置してしまったとのこと。
歯周病の進行、歯の傾斜、挺出など様々な影響を認めます。

 

 

右上の状態。
この歯自体も高度の歯周病の罹患した状態でありますが横に倒れるように傾斜してしまっています。

 

歯が欠損し食事でそこまで不都合ないからとりあえずそのままにしよう・・・
条件次第ではやはり徐々に状態が悪化することが多い傾向です。

 

しかし欠損したら必ず補綴処置をする必要とも限りません。

 

しっかりと歯科医師による診査診断後、治療しなくても大丈夫という場合もありますので自己判断ではなく歯科医院でしっかりと相談し決めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net