「未分類」カテゴリーアーカイブ

インプラント治療前に必要なこと

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

インプラント治療を行う前に、必ず確認しておくことがあります。

 

まず前提として、インプラントを埋入する予定の部位にあった歯はなぜ失ったのか。

 

この失った原因を排除しなければ、インプラントを埋入してもまたダメになる可能性があります。

 

・歯周病で失った
・虫歯で失った
・感染根管で失った
・歯根破折で失った
・外傷で失った

 

歯を失う多くの原因は上記の項目で存在します。
特に上記で大切なことは、歯周病。
歯周病で失った歯がある方は、その失った歯だけではなく口腔内全体で歯周病が進行していることが多いです。

 

このような場合は、確実に歯周病の治療を行い口腔内細菌の環境を改善していかないと、インプラント治療後にインプラント周囲炎の原因になったりします。

 

欠損したら、欠損部位を補綴すれば良いという考えではなく、再発を防ぐ、同じことを起こさない、他の歯も残すといった形でトータル的に考えていく必要があると思います。

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

矯正のため親知らず抜歯

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

親知らず抜歯に至る要因は様々ありますが、比較的患者さんの方から抜歯を希望されてくるのが矯正治療のため抜歯依頼。

 

歯の移動が必要な矯正治療において、親知らずがあることで移動が止まってしまうこともあります。そのため矯正治療期間中もしくは、矯正治療を行う前段階で抜歯を行うこと多くあります。

 

 

現在矯正治療中の患者様。
レントゲン写真で確認できるように左右4本の親知らずの存在。

 

下顎は共に完全埋伏していますが、第2大臼歯を移動させるためには親知らずが邪魔になってくることがわかります。

 

下歯槽神経に近いため事前にCT撮影を行いました。
すると共に歯根の一部が下歯槽神経に接していることがわかりました。

 

 

抜歯後の麻痺リスクを説明し右側の上下より抜歯を行いました。
矯正治療においては、ほぼ全症例親知らずは抜歯した方が良いと考えられます。

 

せっかく綺麗に矯正治療で治しても、親知らずの萌出により晩年歯並びが悪くなってしまうこともあります。また歯の移動が制限されていしまいしっかりと治りきらない場合もあります。

 

矯正治療で親知らずの抜歯を検討している方はご連絡ください。

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

複数のクリニックで埋入しているインプラント

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

当院も含めインプラント治療を行っておりますが、多くのクリニックでインプラントは行われています。

 

インプラントメーカーは非常に多く種類が存在し、当院では4種類のインプラントメーカーを採用していますが
多くのクリニックでは1-2のインプラントメーカーを採用しています。

 

世界的にもポピュラーなインプラントメーカーから最近現れたインプラントメーカーまで数えきれないほどあるため、クリニックによって採用しているインプラントメーカーが異なることも多々あります。

 

 
この方の口腔内には4種類のインプラントメーカーが存在しています。

 

3つのクリニックで過去にインプラントを行っており、全て当院では採用していないインプラントメーカーでした。

 

当院で必要な部位にインプラントを追加して最終補綴を行っています。

 

インプラントメーカーが異なる場合でも、メーカーがわかれば対応が可能です。
最悪わからない場合でも、レントゲンや構造から推測していきわかることもあります。

 
ただできるだけ一つの補綴に対しては一つのインプラントメーカーが望ましいです。

 

構造がやはり異なるため、力に対しての受け止め方が異なる可能性もあるため、インプラントロスの可能性もあります。一つの口腔内において補綴が別であれば、インプラントメーカーは異なっていてもいいと思います。

 

例えば、左下にstraumannインプラントで埋入し補綴して、右下はDioで埋入し補綴するなど。

 

ブリッジや義歯などの場合はできるだけ同じインプラントメーカーで補綴まで行うことを推奨します。

 

他院で行っているインプラント治療についての相談もお受けしていますのでお気軽にお声掛けください。

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

永久歯の萌出不全

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

交換期で歯が出てこない原因の一つに萌出位置異常があります。
昨日のブログでも乳歯から永久歯への交換の話をしましたが、永久歯がしっかりと乳歯の下から出てこないと
乳歯は抜けずに正常な位置でない場所に萌出してしまうことがあります。

今回なかなか永久歯が出てこないと訴えて来院された患者様。
乳歯はだいぶ前に脱落したけれど、永久歯がまだまだ出てこない。

口腔内は乳犬歯は脱落済み。
ただし永久歯は未萌出。

口腔内を触ると側切歯の根尖付近で歯のような硬さを触れる状態。

やっぱりこの位置。
おそらく元々の歯胚の位置がやや近心よりにあったと考えられます。
矯正治療で犬歯のスペースに移動させてあげる必要があります。

まずはしっかりと口腔内に出てこれるように、切開し歯の周りにあり萌出を止めてしまっている薄い骨を取り歯を口腔内に露出させました。

今後出てきたタイミンングで矯正スタートしていきます。







コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

うまくいかない乳歯交換

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

小学生の期間の口腔内は交換期と言われる乳歯から永久歯に移行する期間。

 

基本的には、永久歯が下から押してきて乳歯の歯根を吸収させて自然に乳歯が脱落。
その脱落したところから永久歯が出てくるという、エレベーターのような形で交換します。

 

しかし、様々な理由から交換期の年齢になっても交換しないことがあります。

 

今回も乳歯がなかなか交換しないと訴えて来院されたお子さん。

 

 

このように、乳歯の歯根片方だけしっかりと吸収していますが、近心根は全く吸収せず。
この状態だと動揺はせず自然に抜けてくることはありません。

 

レントゲン所見では永久歯が迫ってきていますが、出られない状態。
このようなことが起きる原因としては、

 

・感染根管による歯根吸収不全
・咬合不良による歯根吸収不全
・嚢胞出現による歯根吸収不全
・永久歯の萌出部位異常

 

などが挙げられます。

 

今回のケースは、乳歯の感染根管や根尖病巣により永久歯が逃げるように遠心方向に向かってしまい乳歯の近心根の吸収不全を起こしたと考えられます。

 

年齢的にもこのまま放置することで、第一小臼歯の異所萌出を招いてしまうため乳歯は早期抜歯を行い後続永久歯の萌出誘導を促します。

 

交換期のサポートを早くしっかり行うことで大人になった時の歯並びを守れることがあります。
交換期である小学生の期間はこまめに歯科医院にいきましょう。

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

歯周病が原因か根尖病巣が原因か

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

左下が動揺してきて痛むと訴えて来院された患者様。
最近になり急に動揺してきて、歯肉も腫脹して噛めない状態とのこと。
少し前までは硬いものでもなんでも食べれたが。。

 

 

このような状態。
第一大臼歯の歯槽骨が大きく吸収してしまっています。
しかし、この歯よく見ると根管治療はしていない状態。

 

横から詰めた所見があり、おそらく根面にできた虫歯の治療で詰め物をしていますが神経がなくなってしまっている状態でした。
診査していくと、手前の第二小臼歯も神経がなくなっている状態。

 

全額的に歯周病が進行している傾向もあるため歯周病の進行によるものの可能性もありますが、根管治療を行っておらず根尖に膿を認めることから根管治療を優先して開始することとなりました。

 

もちろん歯周病が進行しているため保存ができない可能性も十分に説明。
根管治療で動揺は落ち着いてくるのか。

 

抜歯はすぐできますが、まず残すことを優先。
この辺りが治療の難しいところで、残すことを優先するのはいいですがいつから噛めるようになるかです。

 

動揺がなくならなければ咬合で積極的に使うことが難しいですし、根管治療で一旦は落ち着いても歯周病の影響によりやはり噛めなくなることもあります。

 

抜歯して1回で治していくのか、それとも保存にトライしていくのか。
患者さんと相談しながら決めていく必要があります。

 

時間がない方や継続治療を望まない方は抜歯という選択肢もあると思います。

しっかりと相談しながら進めていきましょう。

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

親知らず2根湾曲

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

親知らずの歯根の形態は非常に複雑なことがあります。

 

第2大臼歯までは比較的解剖学的に確立された歯根が多い傾向ですが、親知らずは湾曲歯根や肥大した歯根、複数存在する歯根、癒着した歯根など本当に様々存在します。

 

 

埋伏抜歯希望で来院された患者様。

レントゲン所見でも歯根が2根存在してやや湾曲しています。
下歯槽神経からは距離を認める。

 

抜歯の際、やはり湾曲していたため一部分割して抜歯しました。

 

最近はレントゲンの画質がいいことや、CTなどの波及により事前に歯根の予測が付くようになったため抜歯もスムーズに対応できるようになっています。

 

事前にしっかりと診査し進めていますので、抜歯希望の方はご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

子供の歯軋り

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
最近、学校検診で「歯軋り」にチェックされたため来院されるお子さんが多い傾向です。

 

検診で歯軋りにチェックするのは、よほどの歯の擦り減りを認める場合が多いのですがそこまで擦り減っていないのに歯軋りにチェックされた子もいて「?」という場面もありました。
 
歯軋りの原因は様々です。
大人の場合は
・精神的ストレス
・悪夢
・睡眠時無呼吸症候群
・噛み合わせ不良
・ホルモン分泌
 
などのネガティブな要素が大多数を占めます。
 
一方子供の場合は、
・眠りが浅い
・乳歯や永久歯の萌出してくる段階でかゆい
・顎の筋肉を鍛え、整えている
・歯並びの位置、顎関節の位置の調整
 
このように成長期に自然と認めることがあります。
そのため基本的に一時的なものとして経過観察で良いことが多いです。
 
しかし稀に継続してずっと歯軋りをしてしまい、歯がどんどん擦り減ってしまっているお子さんもいます。

 

乳歯や萌出したばかりの歯は石灰化度が低いため、歯軋りによりエナメル質が擦り減っていき象牙質に到達。
 
象牙質の上で歯を擦り合わせることでさらに歯が削れてしまう場合もあります。
このように異常な力で歯軋りを継続しているお子さんには、マウスピースを使用していく必要があります。
 
口腔内の状態を確認した上で子供のマウスピースを作成するため気になる方はご連絡ください。
 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

サイナスリフトが必要なケース

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

上のインプラントを行う上で重要な上顎洞との距離。
上のインプラントで押さえとくべきポイントはいくつかありますが、特に奥歯においては上顎洞が挙げられます。

 

上の欠損部にインプラントを検討している患者さま。
事前診査としてCT撮影と口腔内情報をスキャンしてプランニング。

 

 

 

 

埋入は2本を検討していますが2本ともに上顎洞に近接しており、26埋入予定部位に関しては既存骨がほとんどないため埋入前に事前に骨造成が必須なことがわかります。

 

上顎洞の位置を挙上させ、挙上させた部分に骨を作るというサイナスリフト。

 

インプラントの埋入と同時に行うこともあれば、今回のように同時ではなく一旦サイナスリフトのみを行い骨造成し骨ができた段階で埋入すこともあります。

 

同時に行うか行わないかの基準としては、インプラント埋入した時にインプラントがどれくらいの量の既存骨で支えられるか。

 

今回の場合既存骨の厚みが2-3mmであるため8mmのインプラントを埋入すると5mm以上は人工骨でにあたってしまいます。

 

人工骨がどの程度完全に骨に置換するか、どの程度吸収してしまうかはわからないところもあるため、このように支える骨が既存骨より人工骨が多い場合は、インプラントを埋入する前に骨造成を行いその後骨がどの程度できたかを確認してから埋入する必要があります。

 

必要に応じて2回骨造成を行う場合もあります。

 

インプラントの長期安定のためにはしっかりした骨が大切です。少しでも軟組織にあたると感染の原因となってしまいます。
骨がない場合は時間をかけていく必要があります。

 

事前診査をしっかり行い治療を進めるようにしていきましょう。

 

 

 

 
 
コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net

局所麻酔で動悸が強くなる

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯科治療を行う上で欠かせないのが局所麻酔。
虫歯の治療を行う際、歯周病の治療を行う際、根管治療を行う際、抜歯含めた外科処置を行う際、ほぼ全てのケースにおいて使用することが多い局所麻酔。

 

 

しかしこの局所麻酔を行った後に、以下のような症状が出たことも多いと思います。

 

・麻酔している最中から動悸が強くなった
・麻酔してからフラフラする
・麻酔後にめまいや興奮、吐き気が出た

 

この局所麻酔で使用される薬剤には、血管収縮薬としてアドレナリンが含有されているため、このアドレナリンの薬理作用により心拍数が増加するため、上記のような症状が出やすい傾向にあります。

 

全ての人に出る訳ではありませんが、過度に緊張状態の方や不安症の方、体重が少なく麻酔が極端に効きやすい方などは出現しやすい傾向にあります。

 

しかしこれは局所麻酔アレルギーではありません。
多くの場合は一過性で、何もしなくても時間とともに症状は消失してきます。

 

少し前までは高血圧の方などはアドレナリンが含有していない麻酔薬が望ましいと言われていましたが、最近の研究では、アドレナリンに変わるフェリプレシンと呼ばれる薬剤は、血圧をあげにくいかわりに心筋組織酸素分圧が下がるため狭心症などの発症リスクが上がるため、慎重に使用するようにという流れになっています。

 

フェリプレシンを使用する時は、
・肥大型心筋症
・甲状腺機能亢進症
・重症糖尿病

 

などの心拍数を上げてしまうことがリスクの人に使用すると言われています。

 

よって高血圧の患者さんでもアドレナリン含有の麻酔薬は時間をかけて投与する、量に気をつければ可能であるということです。

 
では麻酔の量はどれくらいが最大量可能か。
アドレナリン含有の麻酔薬であれば健康な成人で9本弱。(カートリッジ1.8ml換算)
高血圧患者さんWHO分類の1期、2期で2本。
3期の方で1本が望ましいと言われています。

 

麻酔薬は非常に治療を円滑に進める上で大切なものとなっていきます。
体調を考慮しながら対応していますので心配な方はご相談ください。

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net