Blog
ブログ

骨造成が必要なケース

2022/06/28

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

右下欠損部にインプラント治療を希望された患者様。

 

 

部分的に骨が足りないため骨造成が必要な状況となっています。
下顎のインプラントにおいて骨造成が必要になるケースのほとんどが、歯を失う原因にあります。
虫歯の進行で歯を失うより、歯周病の進行で歯を失った場合の方が、骨の欠損は大きくインプラント治療を難しくします。

 

骨の欠損が大きくなると義歯の安定も難しくなります。
義歯は顎堤と呼ばれる、欠損部の骨の形により義歯の安定は変わってきます。
当然ながら顎堤がしっかりあれば義歯は粘膜を包み込むような設計がとれるため安定はしっかりします。

 

一方、顎堤が全くない平らな状態であると、その部分に義歯を置くだけになるため横ずれしやすくなります。
骨の欠損が大きくなる要因が、やはり歯周病。

 
歯周病は歯を支えている部分の歯冠側より徐々に根尖方向に向かって骨を吸収していきます。
水平的にエレベーターを降るように減っていくわけです。
そうなると、顎の下を走行する神経に近接してきたりなど様々なトラブルが出てきます。

 

まずはしっかりと歯周病対策。
それに尽きます。

 

そのためにはしっかりと歯科検診を受けることと、適切なセルフケアを行うこと。
歯科医院で一度セルフケアもチェックしてもらうことが良いでしょう。

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net