Blog
ブログ

サイナスリフトケース

2022/06/11

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

上顎臼歯部のインプラント治療において埋入する骨が最も少ない場所だと言われています。特に抜歯や感染による吸収が著しく起こりやすい場所でもあり、なおかつ副鼻腔の一つである上顎洞があるためです。
副鼻腔炎などにより上顎洞が炎症起きた場合などの既往がある場合、より上顎洞は垂れてきやすいとも言われています。

 

骨量が足りない部位へインプラントを行う場合は、骨造成という処置が必要になってきます。
上顎臼歯部においては、幅はあるけれど深さが取れないという場合が非常に多いです。
垂直的な骨量不足ですね。
それに対しては、上顎洞の挙上が必須になってきます。

 

今回、上顎洞を挙上させてインプラント治療を行なったケース。

 

 

このように、上顎洞を挙上させて埋入しました。
既存骨が4mm存在したため、上顎洞挙上と並行してインプラントも埋入しています。
既存骨で初期固定が取れない場合は、先に上顎洞を挙上させて、それからインプラントを埋入します。

 

上顎洞は穿孔なく綺麗にリフトアップ。
術後出血もなく良好です。
サイナスリフトを行うと少し腫れますが、今回は垂直的なアプローチ(クレスタルアプローチ)のため腫脹も少なく経過。

 

上顎臼歯部のインプラントを検討している方がいましたらご相談ください。

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net