Blog
ブログ

中間欠損はインプラントが適している

2022/06/03

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯の欠損のタイプは様々存在します。
複数欠損している場合、1本ない場合。全部ない場合。
 
それに応じて治療計画も変わってきます。
そして欠損部への補綴処置を行っていく上で考慮すべきこととしては、他の歯をしっかりと保存していく。ということになります。
 
欠損部への補綴処置を行った結果、他の歯が弱くなり欠損してしまうということは避けた方が良いと考えます。
特に、ブリッジや義歯などで残存する歯に負担をかける場合などは、設計などをよく考えていく必要があります。
 

 
中間欠損に対してインプラントを選択したケース。
このような欠損の場合は、保険の場合はブリッジないし、義歯となります。

 

ブリッジの場合は、前後の歯を削る必要があるためこのようなケースにおいて残存歯が治療されていない健康な状態を崩さなければいけないのは、その歯の寿命を短くしてしまう可能性もあります。
 
今回の場合、前後の歯の寿命を考えればインプラントが最もエコなのかなと感じます。
義歯であっても、バネが前後の歯にかかりますのでそれなりに負担がかかります。

 

あとは、部分義歯は割と欠損補綴ができても食事を摂るときに義歯ではない方で食べることが多く、無意識に避ける傾向があり、反対側で咬合負担が起きることがあります。
 
そう考えるとインプラントが適しているかなとも思いますが、その方の口腔内の状態や環境次第なところもありますので、一度拝見してから治療計画を立案させていただいております。
 
気になる方はご相談ください。
 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net