Blog
ブログ

インプラントブリッジと義歯

2022/05/23

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
無歯顎のケースにおいてインプラント治療を行う場合の多くはインプラントオーバーデンチャーを選択することが多くあります。
 
インプラントを数本埋入し、それを固定源として義歯を作成することにより、通常の義歯より小さく設計することができたり、何より脱落するということがなくなります。

 

義歯の最も大きい課題は、外れるというところにありますのでインプラントにより維持できるようになればその課題は解決され満足度も向上していきます。

 

今回も、前歯が動揺し保存困難となっている方へのインプラント治療希望への提案。

 

臼歯部にかけて骨が少なくなっていたため前歯部に2本インプラントを埋入してインプラントオーバーデンチャー予定の設計で説明しましたが、前歯はブリッジで固定で後ろは義歯を希望されました。

 

 

こちらがCT上でシュミレーション。
確かに可能性としてできるなという感じです。
前歯を義歯で覆うことによるデメリットとしては、発音などが慣れるまで違和感があるということです。

 

義歯は隙間なくつながっているので、どうしても空気が抜けにくいのが現状です。
音楽などを行う方などは、義歯が向かない傾向にあります。

 

インプラントブリッジと義歯を分けることでそれは改善されます。しかし咬合にかかる負担が変わってくるため、義歯の破折やインプラントに対する負荷を考えていく必要があります。

 

インプラント治療は、様々なパターンで治療計画を作成することができます。
気になる方はご相談ください。

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net