Blog
ブログ

欠損数に合わせてインプラントは必要なのか

2022/03/26

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯を失った後に行う治療としてのインプラント治療。
インプラント治療において一体何本埋入すれば良いのかというご質問を受けることがあります。

 

補綴のタイプを何にするかによって変わってくるのですが、本来は2本欠損に対して2本埋入が必要と考えられたけれども1本にしたケース。

 

 

右下の欠損に対してインプラントを希望。
咬合関係を見ると、右下2本欠損しているため2本必要。

 
しかし、右上の第二大臼歯が動揺しているため、下顎にインプラントを行って咬合することにより動揺が悪化する可能性があることを説明。
またこれ以上右上の第二大臼歯の動揺が良くなる可能性が低く長期的には抜歯となる可能性も高い。

 

そのため、下顎の一番奥にインプラントを入れても早期に噛み合う上の歯がダメになり抜歯となった場合は、下のインプラントはせっかく入れたのに空振りしてしまう可能性が高いことを伝えました。

 

基本的には第一大臼歯まで存在していれば食事は問題なくできると言われているため、第二大臼歯がロスしたとしても無理に入れる必要はないというのが最近の考えでもあります。

 

 

 

戦略的に設計することで費用的にも抑えることができます。
インプラントで悩んでいる方はご連絡ください。

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net