Blog
ブログ

ブリッジからインプラントへ

2022/02/25

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
口腔内の銀歯を白く替えていきたいと来院された患者様。
多くの保険ブリッジが装着されており、歯根破折部位も多数。
 

 
全顎的な治療が必要になってくることを説明し、治療していくことに。
その中で、左下に関して現在5本にわたるブリッジが装着されていました。
全てメタルであり、ここを白くしたいという希望。
 
そして全て生活歯と言って神経が全て生きている状態。
 
過去に左下臼歯部2本欠損に対して保険でブリッジを選択するとこのような設計にせざるを得なくなります。白くしたいという希望をブリッジで叶えるとしたらジルコニアブリッジ。
 
ただジルコニアブリッジは形成量が多くなり、ブリッジの場合は平衡性をしっかり取るためさらに削る量が多くなるため、白くするならばブリッジはあまり勧められない。

 

そこで、欠損部にインプラントを埋入して残りは全て単独でジルコニアで補綴することとなりました。
 
連結も解除されるため、清掃も良くなり歯周病のリスクも減ります。
 

 
このような設計。

事前にブリッジは切断しCT撮影とスキャンしています。
ブリッジ切断した時に、奥の支台のクラウンも外れてきました。
既に緩んでいたんですね。
 
ブリッジだと連結されているため緩んでてもわからないことが多く、虫歯や歯周病リスクがやはり高いなと感じました。
 
ブリッジからインプラントに変更するのも予防として非常に有効なことがあります。
気になる方はご相談ください。

 
 
 
 
 
コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net