Blog
ブログ

中間欠損こそインプラントが予防歯科

2022/02/15

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

予防歯科。
よく聞かれる言葉で、予防歯科という言葉はかなり浸透してきていると思います。
しかし予防歯科は保険診療の項目にはなかったり。

 

保険診療はあくまで疾病に対する診療になるため「病名」が必須なのです。
そのため予防歯科に対する病名は存在しません。

 

さてそれはそうと、インプラント治療も予防歯科の概念で大切な場面があります。

 

一般的にはインプラント治療は欠損した場所に埋入することですが、他の歯を失わないためにインプラント治療を選択するというのは、予防歯科の概念においてはとても大切なこととなります。

 

 

右下欠損に対するインプラント設計。
欠損は中間欠損となっており前後の歯は健全な状態。
一般的な保険治療ではブリッジや義歯が適応となるわけですが、使用すると両隣の歯を削ったりして負担をかけてしまう必要が出てきます。

 

一度歯を削ることで虫歯のリスクや歯周病リスクというのはついてきますが、削らなければその歯の虫歯や歯周病リスクは対して上がりません。

 

インプラント治療を選択することで両方の歯を守ることができます。
立派な予防歯科の概念ですね。
もちろんインプラント後も終わりではなくしっかりとしたケアは行なっていく必要がありますが。

 

歯を削り欠損部を補綴する前にご相談ください。

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net