Blog
ブログ

湾曲歯根の親知らず

2022/02/01

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

抜歯の難易度はいくつかポイントが存在します。

 

・歯根湾曲
・歯根肥大
・歯根癒着

 

歯根癒着が最も厄介なのですが、親知らずなど年齢が上がるに連れて歯根癒着が起きている可能性が高まります。炎症もなく埋伏している状態や刺激があまり加わっていないと癒着していきます。
歯というのは機能して初めて歯根膜が生きるのですね。

 

今回の中村先生が対応していた抜歯。

 

 

歯根湾曲。
水平埋伏していますが、2根存在し遠心根が湾曲。
フックのように引っ掛かっています。

 

このような場合は分割抜歯が必要。
歯冠を撤去した後に、歯根も分割し抜歯していく必要があります。

 

稀にこのような歯根を破折した状態で置いたままのケースをレントゲンで確認することがあります。
抜歯時に歯根の一部が破折し、深いためそのままにしている状態。

 

たまに挺出と言って自然排出されるケースもありますが、ほとんどの場合は残ってしまい炎症の原因となったりします。

 
一度口腔内と露出するため細菌がどうしても入るので感染源となってしまうことがあるんですね。
嚢胞の原因となったりしてしまうので、必ず抜歯し切った方が良い。

 

今回も湾曲した歯根は全て撤去しました。
一度閉創してしまうと、再アプローチはそれはそれで結構大変なのでできれば抜歯している時がベスト。

 

抜歯でお悩みの方は一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net