Blog
ブログ

湾曲歯根の親知らず

2021/09/27

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

親知らずの歯根の形態は複雑化している場合があります。
根の数から形から、決まった形などは存在しません。

 

親知らず抜歯希望で来院された患者様。

 

真っ直ぐ萌出していますが、萌出し切れずに奥のみ歯肉が一部覆う状態。

 

 

 

レントゲン写真を確認すると非常に歯根が離開しし湾曲している状態。

 

真っ直ぐ萌出している場合でも引っ掛かりこのまま真っ直ぐは抜けない可能性が高いことがわかります。
無理に抜こうとすると歯根破折するリスクが高い。

 

真っ直ぐ萌出している場合でも分割が必須であることが予想されます。
実際抜歯をしようとすると、普通には抜けてこないため歯根を2つに分割すると簡単に抜けてきました。

 

このように、真っ直ぐ萌出している親知らずでも歯根の形態により分割抜歯が必須になることがあります。

 

事前にしっかりとレントゲン撮影を行い分析を行なっておくことが何より重要となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net