Blog
ブログ

義歯からインプラントへ

2021/09/02

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

欠損部に義歯を作成したけれど違和感がなかなか取れないためインプラント治療を検討していると来院された患者様。

 

両側遊離端義歯と呼ばれる義歯設計で、下の前歯の裏側に金属が通る形の義歯。
このような欠損では通常通りの設計で、これ以上小さくしてしまうと残存する歯に影響が出てしまう。

 

義歯の場合はこれで慣れて使用していくしかない状態です。
もちろん素材の変更などで違和感のレベルは変化していきますが。

 

着脱も大変なので義歯からインプラントへ変更を希望のため設計しました。

 

 

 

できるだけ最小本数で行って欲しいという希望もあったため右側はブリッジ設計。
4本欠損ですが2本埋入してブリッジという設計にしました。

 

 

さらに本数を減らすとなるとインプラントオーバーデンチャーという選択肢もあります。着脱の訴えは改善されませんが、設計を小さくまた左は固定、右は片側だけの義歯という形も可能です。

 

インプラントを入れるとかなり幅が広がりますね。
気になる方はご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net