Blog
ブログ

下顎前歯部インプラントプランニング

2021/08/21

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

下顎前歯部。
顎骨の中で最も唇舌側、近遠心と幅が狭い部位。
インプラントを埋入する際には、インプラントの径などをしっかりと考慮しないとインプラント部位だけ歯肉が下がってしまったり、両隣接歯の歯根を傷つけてしまうなどのトラブルが発生しやすい場所でもあります。

 

しかし、下の前歯は欠損に対してはインプラントが最も適しています。
大きな神経がないことと、骨が割としっかりしている。

 

今回インプラントの相談で来院された患者様。

 

 

 

かなり骨幅が狭窄していることがわかります。
もともと永久歯が先天欠如しているため乳歯が晩期残存しているんですね。

 

病的な骨吸収などは起きていませんし、病巣などもできていません。

 

しかし幅がかなり狭い。
このような場合は、フラップレスいわゆる切開なしでのインプラント治療はリスクが高いため、切開してしっかりと骨の状態を確認しながら行う必要性があります。

 

狭い分、方向性に問題ないか、フィクスチャーのスレッド露出、穿孔はないかなどしっかりと確認して行う必要があります。

 

フラップレス治療は術後の腫脹や疼痛がほぼない治療になりますが、盲目的な治療となるため適応が限られてきます。

 

安全で長期的に機能するインプラント治療を提供していますのでご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.com

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net