Blog
ブログ

歯の移動

2021/07/16

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯が欠損しそのままの状態に置いておくことで様々な悪影響が出てきます。

 

歯を欠損しそのままにしておくことで起こる症状として

 

・挺出
・歯の傾斜
・歯周病の進行
・早期接触

 

など上記のことが起こる可能性があります。
挺出とは、歯が飛び出てくることを指します。

 

噛み合う歯がなくなることで、今まで噛んでいた歯はどこで咬合したら良いか分からなくなり飛び出してくることがあります。

 

歯の傾斜は、欠損側に隣接している歯が倒れることがあります。
歯は隣の歯に沿って萌出しているため、隣の歯がなくなると倒れてくることがあります。

 

歯周病の進行は上記記載したように、歯の傾斜が起こることで並行して歯周病も進行することがあります。

 

早期接触とは、歯が欠損し上記の項目が複合的に起こることで咬合が不安定になることがあります。

 

歯の挺出が起こることで本来はあたらなかった咬合部位に接するようになったり傾斜することで咬合が不安定になることがあります。

 

 

欠損部位の補綴希望にて来院された患者様。
長年欠けてしまった部位や抜けた部位をそのまま放置してしまったとのこと。
歯周病の進行、歯の傾斜、挺出など様々な影響を認めます。

 

 

右上の状態。
この歯自体も高度の歯周病の罹患した状態でありますが横に倒れるように傾斜してしまっています。

 

歯が欠損し食事でそこまで不都合ないからとりあえずそのままにしよう・・・
条件次第ではやはり徐々に状態が悪化することが多い傾向です。

 

しかし欠損したら必ず補綴処置をする必要とも限りません。

 

しっかりと歯科医師による診査診断後、治療しなくても大丈夫という場合もありますので自己判断ではなく歯科医院でしっかりと相談し決めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net