Blog
ブログ

金属の太い土台

2021/07/13

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

上の前歯が腫脹したためみて欲しいと訴えて来院された患者様。

 

過去に治療を行ったところが腫脹してきており、痛みが強いとのことで来院。

 

 

矢印で示したところが原因。
被せ物を過去に行った形跡があり、根管治療の跡が確認できます。
根尖病巣を明確に認め、大きくなってきている所見。

 

そして何よりも太くて長い土台が装着されていることがわかります。

 

土台は太くすることで、被せ物が外れるリスクがなくなりますが外して治療する際にとても苦労するというよりか予後が悪くなる可能性が非常に高い傾向にあります。

 

現代の歯科医療においてはマイクロスコープでの治療や拡大鏡を用いての治療がスタンダードになったため、問題なく外すことができるのですが、昔は直視では盲目的になってしまうため外す際に、破折するリスクなどがとても高くこのような場合の治療は、外科的な処置を優先的に行っていた時代もありました。

 

今でも、被せ物が保険外のもので外したくないという希望があれば根管治療せずに外科治療のみで対応することもありますが、長期的な予後はやはりあまりよくはありません。

 

今回も、根管治療を行う必要性を説明し除去し根管治療開始。

 

かなり太いポストでしたが破折なく行うことができました。

 

太いポストは歯根破折リスクもあるため現在はあまり使用しない傾向にあります。

 

替わりにファイバーポストと呼ばれる歯の硬さ(象牙質)と近い硬さの土台を使うのが主体となってきています。
保険でも適応されています。

 

しかし、ファイバーポストで破折してしまうほどの噛み合わせを持つ方もいますので金属の土台を選択する場合もゼロではありません。

 

土台にもそれぞれ特徴がありますので治療の際には歯科医師としっかり相談して進めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net