Blog
ブログ

歯周病の高度進行

2021/06/23

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯周病が高度に進行すると食事が本当にままならなくなります。

 

物が噛めなくなってきてしまったため診て欲しいと来院された方。
久しぶりの来院で、以前から歯周病は進行していたがなかなか痛みもなくそこまで不都合がなかったため継続して治療介入ができていませんでした。

 

以前から動揺している歯があったり、抜歯が必要な歯がありましたが治療介入ができずにいました。

 

 

まず左上の臼歯部は歯周病の進行で大きく挺出してきてしまっています。
咬合平面といって咬むラインを大きく超えて挺出してしまっている状態です。

 

これだと咬むたび当たるため噛めないですよね。
また左下も根尖部を取り囲む透過像所見。後ろから大きく虫歯にも罹患していることがわかります。

 

下の前歯。
左下側切歯から右下犬歯にかけて高度の水平性骨吸収を認め今にも抜けてしまいそうな状態です。

 

右上の前歯も大きく骨吸収を認めるため抜けそうな状態。

 

抜けそうな状態ですが全て抜けずにいるのは歯肉でなんとか支えられているからであり、実際は咬むたびに全ての歯が動揺してしまいますので力が入りません。

 

また高度の歯周病に罹患している部位は、ポケットが深くなっていますのでポケット内に大量の細菌が入り腫脹してしまっている状態であるため触るだけでも痛むという状況です。

 

治療としては高度歯周病に罹患し、保存ができる部位とできない部位を早期に決めて治療を開始していくことですがここまで炎症が強い場合は一旦抗生剤を服用し炎症を抑える必要があります。

 

その後抜歯を行っていく必要性があります。

 

歯周病の症状には波があり、気がつくとこのように戻れない状態になることがあります。

 

出来るだけ早期の治療を進めていますので、気になる方はご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net