Blog
ブログ

インプラントオーバーデンチャーという選択

2021/06/07

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

インプラント治療においても治療パターンが複数あります。
治療パターンというのは最終的な補綴部分の治療パターンです。

 

単独の欠損の場合は、1本の歯を作成して終わりですが複数の歯の欠損もしくは全ての歯を欠損してしまった方への補綴選択は様々な方法があります。

 

今回下顎総義歯の不適合を訴えて来院された患者様。

 

以前作成した下顎総義歯でするがなかなか安定せずに安定剤を使用しているとのことでした。

 

顎挺と呼ばれる顎の骨が非常に薄く、義歯が不安定になりやすく使用中も度々外れてしまうことがあるようでした。

 

BPSシステムによる吸着義歯などの義歯作成の提案をしましたが、インプラントでガッチリと固定して安心したいという希望。

 

下顎2本インプラント埋入によるオーバーデンチャーを作成する方向となりました。

 

 

 

骨の状態、神経までの距離を考えると前歯周辺への2本の埋入となってきます。

 

 

こちらが予定しているインプラントの設計。
2本埋入したのちその上に義歯を作成する予定。
ロケーターと呼ばれる維持装置を義歯内面に装着し維持させるわけですね。

 

これでかなり義歯の安定が取れます。

 

 

今回はこのパターンはありませんが、このようなバータイプでのオーバーデンチャーもあります。
2本以上のインプラントを埋入した際に、インプラント同士をバーで連結させることで義歯に組み込みます。
かなり強度が高いです。

 

このようにオーバーデンチャーの種類もかなり多く埋入するインプラントのタイプと本数で変化していきます。

 

義歯に何を求めるかで設計は変わりますので気になる方はご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net