Blog
ブログ

気づかず虫歯が進行してしまった

2021/04/28

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

被せ物の下に虫歯があるよと言われたことありませんか?
痛みなく経過する虫歯ほど怖いものはありません。

 

 

 

右上に物が詰まりやすく痛みはないが少し違和感があるためみて欲しいと来院されてきた患者様。

 

右上に銀歯が装着されておりその下で大きく虫歯に罹患している状態でした。

 

レントゲンで確認するとこのように被せ物の下に大きく透過像所見がある状態。

 

虫歯がかなり深いところまで進行している状態ですね。
過去に神経の治療を行っているため痛みもなく進行してしまったという状態です。

 

神経を治療した歯は、再石灰化などが起こらず、無防備な状態であるため虫歯に罹患すると一気に進行してしまう傾向があります。
痛みもなくまさにサイレントキラーです。

 

今回のこのような場合、虫歯を取り除いた状態で歯根の長さを評価し、被せ物が可能かどうかを考える必要があります。

 

歯根の長さと、被せる歯冠の長さが逆転するようだと、被せ物が頻繁に脱落したり、噛むと痛みが出たり、歯根が破折してしまうリスクがあるため抜歯適応となってしまいます。

 

今回はどうか。。。

 

このような状態になるもう少し早い段階で気づいてあげることが一番です。

 

一度神経の治療をすると、このように痛みなくどんどん進行してしまうことがありますので、定期的に歯科医院にてチェックするのがいいと思います。
ましてや被せ物をしてしまうと外からは一切見えませんので。

 

少しでも違和感や物が詰まりやすいけど大丈夫かな?と思った方は歯科医院にいくようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.comhttps://ryu-medical.com/wp-admin/

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net