Blog
ブログ

歯を白くしたい

2021/04/02

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯を白くする方法には様々な方法があります。
まず前提として歯を白くする意味としては、自分のもつ歯の色より白くする、ということです。

 

着色などにより黒くなっている歯をクリーニングなどで落としていくのは白くするというより、元に戻すといった意味が正しいと思います。

 

それならば一般的なクリーニングやPMTCで十分綺麗になると思います。
問題はここから。

 

クリーニング後に着色もなく綺麗になった歯を白くする。この方法について今日は考えていきたいと思います。

 

まず挙げられるのがホワイトニング。
ホワイトニングは、薬液を用いて歯に浸透させ化学反応により歯を白くします。

 

自宅で行うホームホワイトニングやクリニックで行うオフィスホワイトがあります。(当院では基本的にはホームホワイトニング、神経がなくなって変色している歯にはオフィスホワイト兼ウォーキングブリーチを行っています)

 

次に、セラミックなどによる審美修復や補綴治療となります。

 

ラミネートベニアを用いた方法や、クラウンを用いた方法により物理的に白くする方法があります。

 

当然、セラミックなどを用いて物理的に白くする方法の方が、自分の理想的な色にすることができますし、再度色が変わったりすることはほとんどありません。

 

しかし歯を削る必要があったり被せ物の脱離リスク割れるリスクがあります。

 

今回歯の色が気になるためみてほしいと来院された患者さま。

 

 

 

このように前歯一部黒くなっています。
神経を過去に取っており変色してきました。
遠方からの来院のため回数がかけれないため、ウォーキングブリーチなどの方法は選択できず、セラミックによる治療としました。

 

 

回数としては3回。
過去の根管治療に不備があったため、当日は感染根管治療を行い、2回目に根管充填、ファイバーポスト築造と形成及びスキャン。

 

理想をいうと根管充填後仮歯などで歯肉の形態などを整えてや、その他やれることはたくさんあるのですが、今回はスケジュール的に最短で仕上げへ。

 

希望に沿った形で、スケジュール組んで治療することが可能です。短期での治療希望などありましたらまたお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.com

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net