Blog
ブログ

インプラントの埋入本数

2021/01/27

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

歯を欠損した場合、何本インプラントを埋入するのかのよく聞かれる事があります。

 

基本的には、1本欠損すれば1本いれる事が望ましいことは間違いありません。

 

歯には被せ物などの歯冠と呼ばれる大きさがありますので、歯冠一つに対して歯根やインプラントのフィクスチャー1本というのが基本スタイルとなります。

 

しかし複数歯欠損した場合などは、それが全てではありません。

 

インプラントなどは非常に被せ物の汎用性が高いため、数本埋入して上にブリッジを作成したり義歯を作成したりなどをして咬合を回復していく事が可能となります。

 

稀に、複数欠損に対して極端にインプラント本数を埋入しているケースがありますが、少し打ちすぎだな〜と思ったり。

 

インプラント治療は患者さんの費用面とも少し相談しながら考える必要もあります。

 

今回のケースは左下に2本欠損に対して義歯が使えないためインプラントを希望されました。
しかし1本のみ埋入して欲しいという依頼。

 

このような設計にしました。
延長ポンティックを手前の小臼歯に向かいつけるような形です。

 

本来は、2本埋入が望ましいですが、骨欠損が著しいことや、神経に近接している事、費用面の課題などもあり今回は1本埋入で2本の被せ物という形となりました。

 

このような設計ができるのはかなり部位は限られています。

 

咬合負担が極端にかかる部位は、絶対向かないですのでやめたほうがいいです。

 

セラミックの連結部で破折してくる事がありますし、インプラント体にも影響が出現する事があります。

 

今回は、咬合負担が少ない小臼歯であったためこのような設計をとりました。

 

今後しっかりと経過を見ていく、またインプラントを追加できればベストかなと患者さんと話をしています。

 

インプラントをしたいけれども、本数が心配だという方は一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.com

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net