Blog
ブログ

インプラントvs 義歯

2020/12/05

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

義歯とインプラントどちらがいいの?
という質問を受けることが多くあります。歯を欠損してからインプラントにするか義歯にするか、またまたブリッジにするか選択肢があります。

 

ブリッジの場合は残存している歯に影響されるため今回は義歯vsインプラントの内容で書きたいと思います。

 

結論から先にいうと「どちらでもいい」です。
個々の口腔内の状態や、受け入れる体制にもよりますのでどちらが正解ということはありません。

 

義歯の場合は、欠損部粘膜の上に床と呼ばれるピンクの部分が乗ります。
普通歯があった場合は、床というものは存在しません。

 

義歯を維持するために必要なものであるため、これが義歯を最も違和感強くしてしまう原因です。

 

口腔内とは無数の器官が存在します。
頬粘膜、舌、歯肉、唾液、様々な筋肉や組織により構成されているため、少しでも異物が入ると違和感として認識し受け入れるのに時間がかかります。

 

この時間がかかるというのが結構ポイントで、違和感があっても時間と共に減少するいわゆる「慣れる」という現象が起こる可能性があります。

 

先ほど言ったように口腔内は、筋組織で構成されているため口腔内の状態に応じて変化するため、異物が入ったとしても徐々にそれに合わせて環境が整っていくという形になってきます。

 

一方インプラントの場合は、ほぼ歯と同じです。
被せ物やブリッジなども特別大きくなることはないですし、基本的に今まであった時と同じような状態で回復できるためほぼ違和感はありません。

 

また固定式がほとんどであるため、義歯のように毎回外して洗浄するという行為が必要ありません。

 

これだけ考えるとインプラントの方が圧倒的にいいじゃんと思いますが、義歯はインプラント治療に比べ非常に汎用性が高いことがインプラントに比べた時の最大の利点だと思います。

 

インプラント治療はターゲットにするのが「骨」であり、骨がなければインプラントはできません。骨を作る必要があります。

 

骨を作るには、違うところから骨を作ったり足したりする必要があります。
そのため、それ相応の期間と費用がどうしてもかかってしまいます。

 

そして、骨を作ったとしても永久に定着するという確証はありません。

 

インプラント自体もそうなのですが、歯と同じですので細菌感染が起きてインプラント周囲炎が起きればインプラントはダメになります。

 

一方義歯は、基本的に取り外しですので清掃が容易です。外す手間を考えると容易ではないかもしれませんが、細菌コントロールという考えから言えば容易です。
面倒な方は洗浄剤に突っ込めばいいだけですからね。

 

また義歯破折などが起こった場合は、早期の修理が可能ということです。

 

義歯の場合は、破折するリスクなどがありますが破折した場合はすぐ修理しまた、修理できない場合も数回で簡単に作成することができます。

 

インプラントのように、感染が起きてインプラント部位が腫脹して炎症を減少させるために薬飲んで洗ってなどの行為が必要ありません。

 

このように義歯、インプラント共に一長一短があるということです。

 

患者さんのライフワークや、背景に応じてどちらを選択するか決定するのが一番だと思います。

 

複数の欠損の場合は、私はまず義歯を作成してもらいます。

 

義歯を実際使ってみてもらい、違和感が強く全然慣れないようであればインプラント治療という流れにしています。

 

もちろん過去に義歯を入れており、煩わしいためインプラントを最初から希望される方は説明した上でインプラント治療を行うようにしています。

 

 

インプラント、義歯、両方とも様々な手法で提供していますので気になる方は一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.com

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net