Blog
ブログ

インプラントメーカーの違い

2020/10/28

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

インプラント治療が普及されてから多くのクリニックでインプラント治療が実施されています。

 

また同様にインプラントのメーカーも増え、クリニックによって導入するメーカーが異なることも稀ではありません。

 

しかし、患者さんは転勤や引越しなどで歯科医院を転院せざるを得ない状況になると以前インプラントを行ったメーカーが次のクリニックでは採用されていないということもしばしあります。

 

このような場合、他院で行っているインプラントの被せ物が脱離したり被せ物の変更をしなくてはいけないことがある場合は、そのメーカーに合わせた道具や機材を揃える必要があります。

 

今回の症例。
まだ計画段階ですが、数年前に他院で埋入し被せ物が脱離し放置されたインプラント が2本あります。
そして、欠損が増えたためインプラントを追加してブリッジを作成していく計画となります。

 

このように、奥の2本は他院で埋入されたインプラント。

 

インプラントの手前の2本が欠損となってしまい今後の噛み合わせをどのようにしたら良いかということでした。
義歯はNGとのこと。

 

インプラントの追加設計を行いました。

 

当院で採用しているインプラント と過去に他院でインプラントを行っているメーカーが異なるため最終的な被せ物を行う際は、道具や機材を揃えてとなります。土台の並行性も課題となってきます。

 

しかしこのように作成することは可能です。

 

可能であれば、過去にインプラントを行ったクリニックに
・インプラントのメーカー
・インプラントのタイプ
・直径と長さ

 

を聞いていただき開示してくれるととても助かります。
わからないと、調べる必要があったり実はとても大変です。

 

ですので必ずインプラントを行う際には自身が行うメーカーやサイズを開示してもらうようにしましょう。

 

当院で使用しているインプラントメーカーは

・straumann
・DIO implant

となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.com

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net