Blog
ブログ

前歯部のインプラント治療

2020/10/07

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

昨日の前歯部のインプラント。
先天性欠如している歯で、矯正でスペースを作りそこへインプラント治療。

 

前歯部であるため矯正による移動範囲に制限があるため、矯正医よりこれ以上スペースを広げると噛み合わせと審美的に影響が出るため、このスペースでインプラントがベストということで実施しました。

 

術前の分析

 

術前の口腔内

 

 

スペース的に結構狭いです。
ナローインプラントと呼ばれる径が少し細いインプラント を使用するかどうか。

 

分析の結果、ナローではなく通常のインプラントで実施しました。

 

少し深めに埋入。
両隣接歯との距離関係も良好です。
レントゲン写真では、1回法のキャップを付けていますが、2回法に変更しました。

 

術後の口腔内写真

 

ノンフラップでのオペを行いましたので術創も非常に綺麗な状態。

 

前歯部において大きな切開を加えると、大幅な歯肉退縮を伴い最終的な審美的改善が困難な場合が多くあります。

 

出来るだけ切開せずに少ない侵襲性で治療することが良い予後を生む場合が多いです。

 

最終補綴は2-3ヶ月後の予定。

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.com

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net