Blog
ブログ

インプラント治療の正しい知識

2020/07/30

 

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

インプラント治療の正しい知識について今日は改めて解説します。

 

患者さんより

 

「差し歯が抜けてしまったのでインプラント治療をしたい」

 

「歯を白くしたいからインプラント治療をしたい」

 

「芸能人のような歯にしたいからインプラント治療を検討している」

 

このように、おっしゃられる患者さんは非常に多くいらっしゃいます。

 

また「歯肉が弱いのでインプラント」ができないと言う患者さんもいます。

 

インプラント治療とは、歯が「欠損」した部分に入れる「人工歯根」のことです。

 

そのため、差し歯が抜けたからインプラントは不正解で、差し歯が抜けて自分の歯根がもう使えなく抜歯となったため、インプラント治療を選択するというのが正解になります。

差し歯が抜けても、自分の歯根が使えればインプラントする必要はありません。

 

歯を白くしたいからインプラント治療をしたい、芸能人のような歯にしたいからインプラント治療をしたいというのも、不正解で、歯を白くするのはホワイトニングや被せ物による色の変更、歯並びを綺麗にするのは、矯正治療か被せ物による並びの変更になります。
インプラントは全く関係ありません。

 

歯肉が弱いのでインプラントができないというのも、実は不正解で、インプラントは人工歯根。
よって、骨と結合できるかどうかが最大のポイントですので歯肉は直接的には関係ありません。

 

歯肉の中にインプラントを入れる訳ではないので。
おそらく、歯肉の下に骨があるという認識がないためこのような話になってしまっていると思われます。

 

 

歯根破折後に、保存不可能となり抜歯し欠損となっている部分があります。

 

このように歯根は何もありません。
そして白い部分は骨になります。インプラント治療はこの骨の中に人工歯根を入れます。

 

オペ後の口腔内です。歯肉を切開していないので一見歯肉に入っているように見えます。

 

実際はこのように、骨の中に人工歯根が入っているのがわかります。

 

当然ですが、歯肉は弾性がありますので歯肉でインプラントを支えるのは不可能です。
このようにしっかりと骨の中に入れる必要があります。

 

インプラント治療について正しい知識を持って治療を受けないと将来的な予後にも関わってきたり、不必要な場所にインプラントをされてしまうこともあります。

 

事前にしっかりと知識を持つことと、かかりつけの歯科できっちりと相談を受けることが大切となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.com

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net