Blog
ブログ

インプラント治療は包括的に

2020/07/23

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

先日行った、右下のインプラント。
今回はストローマンのインプラントを使用して埋入しています。

術前

 

術後

 

奥のインプラントは、過去に他県の歯科医院で行っているとかのインプラントです。

 

今回インプラントを埋入した手前の歯の状態が悪そうで、長期的な予後が期待で来なさそうなので、インプラントを埋めてもし手前の歯がダメになったら、延長で補綴を作ろうという治療計画です。

 

このようにみると、この口腔内に全く違う種類のインプラントが複数入っているのがわかります。

 

今回入れている奥のインプラント2本ありますが、サイズは違うしメーカーも違うのかな?
左下に関しては、信じられないぐらい細いインプラントが入っています。

 

これではいつ折れてもおかしくない。。歯肉も腫脹を繰り返しているし、撤去して入れ直した方が良いことを説明しています。

 

おそらく、抜けて→インプラント、抜けて→インプラントという治療であったんでしょう。包括的な治療とは言えません。。。

 

転勤を繰り返していたという背景もあるので一概になんとも言えませんが。

 

やはり長期を見越して治療計画というのは作るべきで、つぎはぎの治療は、再治療の可能性や、将来の治療が煩雑となります。

 

短期間で治したいという希望もわかりますが、全体を見て、将来の予後も考えながら治療をすることで結果として、長期間再治療なく健康な状態を保つことができると思います。

 

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.com

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net