Blog
ブログ

インプラントジルコニア単冠

2020/05/10

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。

 

 

先日インプラントの最終的な被せ物が装着されたケースを今日はご紹介いたします。

 

外傷にて前歯を失ってしまった患者さん。
両隣りの歯も外傷により神経がなくなってしまった状態です。

 

 

 

 

インプラント治療後

 

 

 

 

外傷にて抜けてしまったところは、時間の経過と共に歯槽骨が吸収してしまい凹んでしまっているのがわかります。

 

ここを改善するには結合組織移植などの処置が必要ですが、今回はそこまでは希望なかったため、インプラントが打てるように骨造成のみを行って処置しました。

 

 

埋入後三ヶ月経過し、オステルにて骨との結合状態が良いことを確認した後、歯肉の形態を作るため、何回か仮歯の調整。

 

そして屍肉も落ち着いたところで型取りして完成しました。

 

 

 

 

ジルコニアの中でも歯肉に近い色を使用してもらい、一部ステインを入れて仕上げました。

 

インプラント部の歯けい部のみ少し上部に位置するのはやはり結合組織移植等をしなかったためです。
しかし患者さんはどう見ても自分の歯しか見えないと言って喜んでいました。

 

シェードもぴったりで非常に綺麗に装着されています。
インプラントの立ち上がりの適合も良好でした。

 

 

以前までジルコニアクラウンは透明性がなく色調が単調なのが欠点でしたが、最近はここまで向上してきました。また硬度もかなり上がってきており非常に物性もよくなっております。

 

ちなみにこれは全て単冠であり繋がっていません。

 

 

インプラント部のラインを合わせるのであれば、今後口蓋などから結合組織を移植してくる必要があると思います。清掃性なども確認しながら今後処置を行っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental

トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.com

インプラント専用サイト
https://ryu-implant.net