Blog
ブログ

コジデンで使用している機器紹介

2019/12/26

こんにちは、静岡市駿河区にある歯科医院、小嶋デンタルクリニックです。
 
コジデンで使用している機器紹介!
 
本日のご紹介は、Er:YAGレーザーです。いわゆるレーザー治療が可能になりました。
レーザー治療と聞くと美容領域で使用するイメージが強いかもしれませんが、歯科においてもとても有効的です。
 
歯科におけるレーザー治療には
1. 歯周病治療
2. 神経を取る治療
3. 口腔粘膜の治療
4. 虫歯治療
 
など様々な場面で使用できます。またレーザー治療は従来の治療に比べ痛みを格段に抑制できる特徴もあります。
今まで麻酔を使用して粘膜切開などを行う必要があった時でも麻酔なしで行うことができます。さらにレーザーを使用すると出血が抑えられ、術後の疼痛を抑えられる特徴があるほか治癒も速い傾向があります。
これは非常に強い光線のエネルギーで切開しながらレーザーは同時に、切開した傷口を熱効果で処理して塞ぎ止血することができます。そして傷口の殺菌もします。
これだけでも術後の疼痛が格段に減って傷の回復が早いのですが、拡散して柔らかくなったレーザー光線には細胞を活性化し、新陳代謝を促す効果があります。
そのおかげで、照射した周囲の治癒はますます早くなるというわけです。
レーザー治療には副作用と指摘されるようなものがほとんどなく、口内炎治療にも歯周病治療にも、入れ歯の傷の治療にも抜歯後の止血にも、インプラント治療にもと、あらゆる治療で応用できるのが強みです。
 
気になる費用は、保険診療でできますので比較的安価で治療を受けることができます。万能なレーザー治療ですが治療の限界もあります。
 
まず一つ目は時間がかかることです。光線の照射で粘膜を蒸散させたり、切開したり歯を削ったりするため、メスや歯を削合する機械に比べ時間がかかります。
その為、大きい虫歯などの場合はレーザーだけでなく従来の治療法と並行して行うことが良い場合もあります。
 
二つ目として麻酔を使う場合もあります。小さな虫歯や中等度程度の歯周病やメラニン色素の除去などは要らない場合が多いですが、歯肉切開など比較的大きな治療を行う場合は、麻酔を併用することがあります。
 
レーザー治療には様々なメリットがあるほか、治療の限界もあります。使用時はまた声をかけさせていただきます。
 
レーザーにも複数種類がありますが、コジデンにあるEr.TAGレーザーは歯科領域では非常に適応範囲が広い優れものです。
 
皆様の前にもそのうち出現しますよ!
 
 
コジデン院長ブログ(様々なことをゆる〜く書いています)
https://ameblo.jp/kojima-dental
 
トライアスロンで健康ライフブログ(趣味のトライアスロンのレース記です)
http://triathlon51.com